トロントのスーパーで銀鱈を買って味噌漬けにしてみた

気に入った記事はシェアしてくださいね。

トロントには海がないので(海のように見える果てしない湖ならある)、新鮮な海の幸にありつけることがほぼありません。

カナダ産で有名なサーモンは、脂がのっててけっこう美味しいです。

でもそれだけ食べてても飽きちゃうし、鯛、鯖、ハマチ、カレイ・・・などなど、新鮮で旬な魚が食べたいなーと思います。

新鮮で旬なものは諦めていますが、魚は食べたいので、アジア系スーパーに行っては、美味しそう?試せそう?な魚を購入してチャレンジしています。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

トロントで買える魚Patagonian Toothfish

ある日、冷凍コーナーでこんな魚見つけました。

銀鱈!?美味しいやつじゃないかこれ?!!

と思ったけど、後々家で調べてみたら、

Patagonian toothfishは、日本ではメロと呼ばれているそうです。メロ?何それ、聞いたことない笑 最大2メートル超えって、相当大きい魚です!

ウィキペディアで調べてみたら、1980年代から銀鱈に代用して、主に日本とアメリカで消費されているらしい。

日本でも消費されているってことは、それなりに美味しいお魚なのでしょう。

均一とは言うに遠い、めちゃくちゃ雑なパッケージングです。さすがカナダ・・・

魚は魚!味で勝負!と見た目は気にすることなく、味噌漬けにするとします。

いつもフル活用しているクックパッドをここでも利用:銀だらの味噌漬け

今回買ったメロの重さが450gあったので、参考にしたレシピの倍量の味噌だれを作りました。

うちの味噌はもっぱら白味噌。

合わせ味噌や普通の味噌は、やたら角が立つ感じがして、いつも白味噌に落ち着いています。

今回使ったのはこの味噌。まろやかでほっこり癒されるんです〜

タッパーに漬け込んで冷蔵庫に寝かせ、翌日朝に冷蔵庫から取り出します。そのまま常温で置いておいて、夕飯にオーブンで焼くことにしました。

そして焼いたのがこれ。

オーブン360F(180度くらい)で20〜25分。

大きさで焼き具合に差が出るので、小さいのから随時オーブンから取り出しました。

食感は、けっこう歯応えがあります。ほろほろほぐれる感じではなく、しっかりかみごたえのある感じです。海老や帆立に近いかもしれません。

魚の身が分厚すぎると硬く感じてしまいそうなので、大きい切り身は小さく切ってから味噌漬けにした方がよさそう。

そして気になるお味ですが、ちょっとしょっぱいんだけど、砂糖とみりんの甘さも相まって白ごはんに合うんです!!!!お箸が、ごはんがススムーーーー!

もうすぐ2歳の息子にはしょっぱいよなーと思いながらも少しあげたら、夢中でむさぼりついてました。

味噌漬けなんて日本でしか食べたことなかったかもしれない。

これからは、我が家に頻出しそうです。豚も味噌漬けにして焼いたら美味しいみたいなので、今度は豚の味噌漬けにも挑戦してみます。

最後に

今回の記事では、初めて買ってみたお魚「Patagonian Toothfish」を味噌漬けにしてみたときのことをご紹介しました。

このお魚じゃなくとも、味噌漬けはめちゃくちゃ美味しかったから、ぜひとも試してみてほしいです!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大