とろーり柔らか、ラムのスネ肉で絶品トマト煮込み!

気に入った記事はシェアしてくださいね。

先日、トイレットペーパーなどの買い出しにコストコへ行きました。

そこで見つけた、ラム肉。

ラムチョップのステーキは高かったので手が出ませんでしたが、スネ肉なら!と、買ってみることにしました。

買ったラム肉はこんな感じです。

オーストラリア産、100g辺りCAD$1.19(100円くらい)で$12.81(1000円ちょっと)!

けっこうお買い得ですかね?

今夜は、ラムのスネ肉でトマト煮を作ったので、その時のことをご紹介します。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

参考レシピ

今回参考にさせていただいたレシピは、これです。

ラムシャンクの(すね肉)煮込み

が!家に持ち合わせていない材料もあったので、かなり自己流にアレンジしちゃいました。

材料

自己流に適当にアレンジして、作ったときの材料です。

ラムシャンク(すね肉) 2本 約1キロ
玉ねぎ(あらみじん) 1玉
人参(あらみじん) 1/4本
にんにくみじん切り 2かけ
しょうがすりおろし 小さじ1
ホールトマト 500g
水 400ml
コンソメ 1個
オリーブオイル 大さじ1
バター 大さじ1
デジョンマスタード 小さじ1
レモン汁 1/4個
ベイリーフ 2枚
中濃ソース 大さじ1
砂糖 (お好みで)小さじ2〜

作り方

ラム肉に塩胡椒をし、なじませておきます。

オリーブオイルをフライパンに入れ、中火でラム肉をこんがり全体を焼きます。

別の鍋にバター、玉ねぎ、人参、にんにく、しょうがを入れ、野菜が透き通るまで弱中火で炒めます。

炒まったら、ホールトマト、水、コンソメ、マスタード、レモン汁、ベイリーフ、中濃ソースを入れ、混ぜたらラム肉も投入!

2時間以上弱火で落とし蓋をし、あくを取りながらコトコト煮込みます。

酸味が気になるなら、砂糖を少し入れると良いです。我が家は小さい子が2人いるので、少し砂糖を入れて食べやすくしました。

ケチャップを入れてみても良さそう!

3時間ほど煮込んだら、こんな感じになりました。

菜箸でお肉を刺してみると、ぐぐっと軽く入っていきます。

良い感じ!匂いも食欲をそそられるぅ〜〜

あらみじん切りにしたので、野菜の形が残ってしまっています。

もう少し細かく切ればよかったかな・・・

いざ、実食

どどーん。旦那の。

どどーん、私の。

レシピを見ると、「メイン料理として出すならこのまま、サイドに野菜やパスタを添える」と書いてあったのでこのまま出したけど、すごいボリューミー・・・!

とても肉が柔らかくなっていて、ナイフでかるーく切れます。

口の中でほろほろ〜ととろけていくような感覚まで、お肉が柔らかです。

少し味が薄めだったので(子供用に我が家はいつも薄味)、肉料理に相性バッチリのウスターソースで味を締める。

これとトマトソースをたっぷりからめたお肉が、もうたまらないです!

肉の臭みは一切なく、とても食べやすかったです。

子供用には、リボンパスタとブロッコリーを小さくして提供。

ラム肉を子2人ともパクパク食べてくれました。

そして肉料理にはやっぱり、赤ワイン!

コロナ流行以来、すっかり家で飲むことが定番になってしまった我が家。

元々ほぼ飲んでいなかったので、その出費や凄まじく、少しでもお手頃で美味しいワインをと見つけたやつ。

オンタリオ州のワインです。Baco Noirがとても飲みやすくて美味しい!

ラム肉は1/3ほど食べ切れずだったので、翌日に持ち越します。

最後に

今回の記事では、ラムのスネ肉でトマト煮込みを作ってみたので、そのときのことをご紹介しました。

時間はかかるけど、基本ほったらかしなので簡単!楽!

おうちじかんが多い今、もってこいのレシピだなと思いました。

ラムじゃなくても、ビーフでも美味しそう!

良かったら試してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大