【1歳2ヶ月】簡単!いつもの食事を子どものために栄養満点にしてあげるコツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

syokuji_baby_kitanai.png
毎日の食事、健康にすくすく育ってほしいので、子どもの栄養面には気をつけています。
ですが、私は不器用なので、さらにはフルタイムで働いているので、ささっとできる簡単メニューを作っています。手の込んだ離乳食を作っているわけでもないし、献立を前もって決めているわけではないです。シンプルイズザベスト!色々な野菜な食材を食べて、味や食感を試して欲しいので色々挑戦させますが、時間はあまりかけていません。
最低限心がけながら娘に与えている食事と、娘が好きでよく食べるものをご紹介します。

朝ごはん

お手製米粉パンケーキ または ベビー用シリアル
・果物

お手製のパンケーキは少し甘みがあるからか、娘は大好きで両手につかんでパクパク食べてくれます。朝ごはんに、3枚あげています。ベビー用シリアルは市販のもので、お湯か牛乳をいれると出来るので重宝しています。鉄分やビタミンも豊富に含まれているので、簡単で栄養豊富です。

果物は季節や値段に応じて色々あげています。最近あげているのは、バナナ、いちご、キウイ、ぶどう辺りですかね。大さじ山盛り1杯くらいの量を、自分で食べられるサイズに切って
パンケーキかシリアルと別のお皿に盛ってあげます。

ランチ

平日はデイケア・旦那の実家にお世話になっているので、完全にお任せしています。
週末は夕飯とほぼ作り方は一緒なので、夕飯で色々ご説明しますね。

夕飯

・主食のごはんやうどん、お茶碗に軽く一杯
・お肉か魚、豆腐や卵などタンパク質と、野菜最低でも2種類を柔らかく煮て味付け

おかずは基本一種類で、色々な食材を入れてあげます。冷凍しておいたひき肉と豆腐とひじきのハンバーグをあげる日は、副菜として野菜をダシで煮たものをあげます。
よく使う、人参、ほうれん草、ひき肉、出汁は、それぞれ別個に作って製氷器に入れて凍らしておきます。普段はそれにプラスで、トマトとひき肉を加えてトマトソース風にしたり、茹でたブロッコリーと玉ねぎを加えて市販の赤ちゃん用ホワイトソースを混ぜたり、豆腐と白菜と出汁を入れて肉豆腐風にしたりしてます。

8割ごはん、2割うどん

基本は米をあげているのですが、うどんが大好きで、あげたら喜んで食べてくれます。
個人的に、小麦粉より米の方が身体に優しいかなと考え、基本は米、たまにうどんをあげるようにしています。

いつも与えようと心がけているもの

製氷器にまとめて仕込む、人参・ほうれん草は毎日与えています。人参はビタミン・カロチンが豊富だし、ほうれん草はカリウム・鉄分が豊富です。赤ちゃんのうちは鉄分が不足しやすいので、意識的にベビーシリアルやほうれん草を毎日あげるようにしています。
あとはバランス、ですかね。主食を子供お茶碗軽く一杯と、肉や魚のタンパク質と野菜。どれも多すぎず少なすぎず、具材や味付けを色々変えるようにしています。

の好きなもの

娘は食べることが大好きなので、全般好きです。どの赤ちゃんもそうだと思いますが、特に甘いものは好きなので、パンケーキやフルーツ、さつまいもとかは与えたら与えただけ、
食べちゃうかもしれません。もちろん糖分が心配なのでそんなにあげませんし、1つのものばかり食べさせるよりは偏りなく色々な種類を与えるようにしてます。

牛乳を与えるタイミング

うちでは現在、牛乳は1日2回約150mlをそれぞれあげています。牛乳をそのままあげると冷たいので、120mlくらい牛乳を入れて、残りは熱湯を入れ、混ぜて与えています。
するとちょうど常温くらいになりますよ。牛乳を与えるのは基本何時でも良いと思いますが、
食事の直前、お風呂前や寝る前は避けたほうがいいですね。
食事前にあげると、牛乳が好きな子だと十分に食事をとってくれない場合があります。
また、一度にまとめてあげるより、2回から3回に分けてあげたほうが、一気飲みして吐いたりすることがないので良いです。

最後に

毎日一から離乳食を作るのは大変です。大人のものも作らないといけないので、なおさら大変です。パンケーキや下茹でした人参などは、週末に仕込んで冷凍庫に入れておくと本当に便利です!!
共働きで忙しいお母さんは、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大