働くママの時短献立:さつま揚げと白菜のあんかけ

夫婦共にフルタイムで働き、平日は娘を保育園にお迎えに行って帰宅後、毎日夕飯を作っているももです。

働くママはとにかく1つ1つのことに手間ひまをかけている時間がないので、いかにささっと簡単に、手際よく家事をこなせるかがとても重要です。

家事が上手く回らないと、子供の機嫌が悪くなったり、寝不足になったり、疲れから仕事に支障をきたしたりと、とにかく全く良いことがありません。

とはいえ、忙しいから・疲れているからと言って、子供にあげる食事の質を怠りたくないですよね。野菜、お肉、大豆製品などなど・・・バランスの取れた献立を考えてあげたいものです。

そこで今回、少しでも「楽に、美味しく、栄養のある」ご飯を作りたい働くママさんのために、今日は我が家で大好評の、スーパー手抜き時短献立をご紹介します!

材料・レシピともにきちっと分量を書いてはいますが、家庭によって味の濃さの好みもありますし、だいたいで問題ありません。

私のレシピは、幼児も食べられるように基本味が薄めなので、もし濃いめが好きなら、塩やしょうゆを追加してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

なぜこれがオススメレシピなの?

このレシピをオススメしたい理由は、以下4点です。

手軽に20分で作れる
材料の応用が利く(冷蔵庫に余っている野菜をブチ込める)
さつま揚げとだしの素だけでコクのある味に仕上がる
これ一品で満足、ご飯一杯いける!

忙しいママは、毎晩何品も作っている余裕と時間がないので、一品で満足のいく献立を考えることがポイントです。

それでは早速、レシピをご紹介しましょう!

材料

・さつま揚げ 3-4枚くらい(子供のためにプレーンなものがベスト。なければイカ入りや紅生姜入りでも、何でも良し)
・白菜 1/4玉
・玉ねぎ 半分
・にんじん 半分
・(あれば)キクラゲか干し椎茸 3個くらい(味に深みが出ます)

・サラダ油 または ごま油 大さじ1強
・塩コショウ 少々
・だしの素 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 大さじ2
・水300mlくらい
・水溶き片栗粉 大さじ1の片栗粉に大さじ3の水を混ぜる

根菜類は火が通りにくいので、極薄切りにしましょう。

寒い冬には、生姜をひとかけみじん切りにして入れても良いです。

野菜は上記のものを揃えなくとも、冷蔵庫に残っているものであればだいたいものは代用できます。

チンゲン菜、キャベツ、しめじなどきのこ類、長ネギ、大根、ごぼう、ほうれん草などなど、野菜が悪くなってしまう前に使ってしまいましょう!

作り方

1、さつま揚げを1.5センチ幅に、白菜ざく切り、玉ねぎ薄切り、にんじんを斜めに薄切りにし、キクラゲをぬるま湯につけて戻しておく。

2、キクラゲを一口大に切る。

3、フライパンを強めの中火にして、サラダ油を入れてあたたまったら、さつま揚げを両面焼き目がつくまでしっかり焼く。

4、焼き目が付いてきたら、にんじんと玉ねぎを入れて、塩コショウを入れ、にんじんと玉ねぎの色が変わってくるまで炒める。

5、白菜投入。少し炒めて馴染んだら、キクラゲ、だしの素、みりん、水、しょうゆを投入。

沸騰したら中火にして、3~5分くらい軽く煮込む。

6、味見をして微調整する。薄かったら塩ひとつまみ・しょうゆ小さじ1追加、濃かったら水を追加する。

7、火を止め、水溶き片栗粉を少しずつフライパンに入れる。水溶き片栗粉を入れながら全体を混ぜて、とろみ具合を確認する。

完成!!

あんかけ多めが好みなら、水多めにして、調味料少し多めに入れても可。
天ぷらをしっかり炒めて焼き目をつけてから野菜を投入した方が、野菜に味が染みわたって美味しいです。
子供も食べる場合は、野菜を柔らかくするために長めに炒めましょう。

最後に

今回の記事では、

毎日忙しいけど夕飯を作って家族に食べてもらいたい
手抜きで時短メニューだけど、美味しく満足感のあるレシピが知りたい!
冷蔵庫の余り物で何かささっと作りたい

そんな働くママさんに絶対オススメな、夕飯に使える献立をご紹介しました。

先日このメニューを作った日に、義母が娘の看病に来てくれていました。

とても美味しいと予想以上にたくさん食べてくれたレシピで大好評だったので、あなたの食卓にもぜひ1度並べてみていただけたら嬉しいです。

私の共働き子育ての日々はまだまだ続きます。世の中のママさんも、無理しない程度に頑張りましょうね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大