前夜に仕込んで翌朝焼くだけ!絶品フレンチトーストのレシピ

気に入った記事はシェアしてくださいね。

知ってました?

フレンチトーストって一夜漬けすると、ふんわりとろとろでめちゃくちゃ美味しくなるんです!

しかも、美味しいだけじゃありません。

忙しい朝にたった5分で朝食が出来て時短になるし、

旦那も子供も大好きだし、

食べて美味しい、作って嬉しい、いいとこづくしなんです。

週末の朝ごはんとして出すと、いつもと違う特別感が出るからそれもまた良いですよね〜

「お、やったーフレンチトーストだ!」と、たまに出すとめちゃくちゃ喜ばれます。

というわけで、今回の記事では、「失敗しない!前夜に仕込む、美味しいフレンチトーストの作り方」をご紹介します。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

材料

今回は、4人分で作りました。

食パン(厚め) 4枚
卵 4個
牛乳 300ml
砂糖 大3
バニラエッセンス 数滴
バター 適量(焼く時に使う)

トッピングは、メープルシロップ・はちみつ・シナモンシュガー辺りが間違いなく美味しいです。

作り方

前夜に仕込みます。

食パン・バター以外の材料を全て、バットのような容器に入れて混ぜ合わせます。

十分に混ざり合ったら、食パンを浸していきます。

浸し始めてすぐの写真。

まだ液がかなり残っています。

均一に液に浸るように、必ず1〜2度ひっくり返してから、一夜漬けしてください。

液が浸っていない部分は、ふわふわとろとろなフレンチトーストにならないので、しっかりチェックしましょう。

ひっくり返したらラップをして、冷蔵庫に入れます。

そして翌朝。

フレンチトーストの液を、ぜーんぶ吸い込んだ食パン。

ぶよっぶよです。

フライパンを弱火にし、バターを1かけ入れ(10gくらい)、溶けたらフレンチトーストを乗せて、焼いていきます。

弱火でじっくり!強火にするとすぐ表面が焦げてしまうので、注意です!

茶色く焦げ目がついてきたらひっくり返します。

両面しっかり焼きます。

完成!

前夜に浸しておけば、翌朝フライパンで焼くだけなので本当に楽です。

時間も5分くらいでしょうか。とにかく楽な上に時短で、毎度感動してしまいます。

サイドにいちごやりんご、ぶどう辺りを添えると、トッピングとからめて頂けるので美味しいです!

我が家のトッピング1番人気は、メープルシロップです。

甘さ控えめがお好きなら、シナモンシュガーも美味しいですよ〜

周りが少しぱりっと香ばしくて、中がふわふわとろっとろなんです。

いくらでも食べれてしまいそうなくらい、絶品!

パンの耳部分も、液がしっかり染み込んでいるので柔らかくて美味しいです。

シナモンシュガーで食べたら、甘さが足りなくて笑

少しメープルシロップ足しました。カロリーが気になりながらも、美味しくてやめられない!!

最後に

今回の記事では、「前夜に仕込んで翌朝焼くだけ!絶品フレンチトーストのレシピ」をご紹介しました。

前夜に仕込めば翌朝時短になるし、とにかく手軽で美味しい!

週末の朝、のんびりしたーいって方にもおすすめです。

ぜひ1度試してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大