【紙皿で工作】5歳児とクリスマスリース作り

気に入った記事はシェアしてくださいね。

工作が大好きな5歳児の娘。

学校に行き始めて、おうち時間が減ってからは、その頻度も減りました。

でも、もうすぐクリスマス。

冬にちなんだもの、何も作ってない!

これは何か作らないと!

と、一念発起し、色々調べてみてクリスマスリースを作ることに。

なぜクリスマスリースを作ることにしたかって?

それは、、家にある材料で出来ちゃうからです!

あれこれマメに用意したり、作ったりするタイプじゃない私。

我が家の工作は、「家にあるもので」「簡単に」「楽しく」出来るものばかりです!

買い物ついでに工作道具を少し買い足しましたが、基本的には「紙皿・シールや布など装飾できるもの」があれば、作れます。

というわけで、今回はクリスマスリースを5歳児と作ったので、その時のことをご紹介します。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

必要な材料はこれ

紙皿(画用紙や段ボールでも可)
緑の絵の具(紙皿を塗ります。ペンや色紙でも可)
木工用ボンド(紙皿に装飾品をつけます)
モール(紙皿のふちに装飾します)
ボタン・ポンポン・シールなど(クリスマスカラー・キラキラしたものなら何でも可)
リボン(トップに装飾します。なくても可)
紐(完成後、どこかにぶらさげるときに使用します。立てかける場合はなくても可)

全ての材料が代用可です。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭なら、買い出さなくても大抵のものは家にあるかな?!と思います。

もちろん、美しさ・見栄えをこだわるなら、100均や手芸店で装飾品を揃えましょう。

こうやって作りました

実際に作った様子を、写真を交えてご紹介しますね。

まずは紙皿。

家にあったものは直径20センチほどの大判のものでした。

ちょうど良い感じのサイズなので、オススメです。

縁の部分に、竹串でぶすぶすと穴を開けていきます。

ここは後にモールを通します。

幼稚園児は、お裁縫っぽいことが出来てくる年齢なので、モールを穴に通す作業は練習に持ってこいです。

穴を開けたら、緑のアクリル絵具でべたべたーっと塗りました。

ダララマ(カナダの100均)で購入したアクリル絵の具で塗りました。(我らはカナダ在住)

もう少し明るい、原色に近い緑が良かったけど、この緑しか無かったから致し方ない。

塗れたら、完全に乾くまで待ちます。

今回は、紙皿のペインティング・真ん中の穴あけまでは、私がやっちゃいました。

子供には、飾り付け担当になってもらうことに。

穴開けはカッターでやりました。

カッターボードがなかったので、段ボールを敷いてカットすることに。

紙皿がとても柔らかい素材で出来ているので、綺麗にカットするのが至難の技でした。

いよいよ飾り付け!!

同じくダララマで買った、クリスマスカラーのボタン・モール、家にあったシール・ポンポンを使って、思い思いに飾っていきます。

1つは5歳の娘、1つは私と2歳の息子が共同で飾り付けしました。

まずはモールを通します。

モールの両端がちょうど裏に来るように巻き巻きしていきます。

クリスマスっぽいゴージャスな色を選んでみました。

そして・・・完成!

途中経過の写真、一切撮ってなかったことに今気づきました汗

右は娘の、左は私と息子の作品です。

みんなちがって、みんないい!個性が出ていて面白いです。

娘のリースは壁に、私と息子のリースは窓際に飾りました。

リボンをつけた方が見栄えが良いとわかっていますが・・・

達成感と日々に追われ、やらずじまいです。

最後に

今回の記事では、【紙皿で工作】5歳児とクリスマスリース作りと題し、冬の工作をしたときのことをご紹介しました。

全ての材料が代用可で、簡単で作りやすいと思います。

子供とのおうち時間を、どのように過ごそうかと悩んでいる方!

ぜひとも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大