イマジナリウムのおもちゃで遠心力アートに挑戦してみた

気に入った記事はシェアしてくださいね。

叔父さんからの誕生日プレゼント猛攻撃に遭った、幸せ者すぎる娘。

嬉しそうな娘を見て私も嬉しい!

けど反面、どうやってこのおもちゃたちを家の限られた収納に押し込めようか・・・

いただいた瞬間から、そんな大人の都合を考えております・・・

今日はお誕生日プレゼントでもらったうちの1つである、このおもちゃを紹介しようと思います!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

Imaginarium Creations – Paint Art Whirlpool

Imaginarium(イマジナリウム)というメーカーから出ている、遠心力で面白いお絵描きができるというものです。

初っ端から率直に言いますが、こんなに鮮やかな色でペイントは出来ませんでした笑

これが現実です。

付属品の絵の具じゃなく、発色の良い絵の具なら、もっと鮮やかな仕上がりになりそう。

イマジナリウムはトイザラスのオリジナルブランドです。

日本のトイザラスでも取り扱いがあります。

でも、残念ながらこれと同じ商品は置いていないようです。(2020年12月現在)

全然話飛ぶけど、このおもちゃ面白そう!!
これもイマジナリウムから出ているおもちゃです。

娘はこれプラス、なんちゃって?陶芸が出来るセットをいただいていました。

これです。

陶芸は時間をしっかり取れるときに作ろうとなったので、今回は遠心力アートのみ行いました。

内容物はこんな感じ

ご丁寧に個装されています。

袋から全て取り出しました。

別にいらなくね?的なステッカーが付属品として付いていました。

セルフで貼らせる意味が、よくわかりません・・・笑

子供は楽しそうに貼っていたから、これはこれで良しなのかな。

土台の黄色いプレートは2種類あります。

ダーツの的みたいなやつは陶芸用で、突起のあるほうは遠心力アート用です。

これがまた付け替えづらかった!

遠心力アートやってみた

それでは遠心力アート、やってみましょう!

まずは、付属の紙をセットします。

突起がクリップの役目をしてくれ、紙を四方から抑えてくれるので、動いてブレることがありません。

次に、絵の具の飛び散り防止用に、付属のカバーをかぶせます。

そして、LOCKを親指で押しながら、Fボタンへスイッチを入れます。

ちなみに左にスイッチを入れると、陶芸用です。Fは高速、左は(S)低速です。

ぶいーーーん!!!と仰々しいモーター音が鳴り響き、台が高速回転を始めます。

初めてスイッチを入れたとき、音の大きさにびっくり!

音に敏感な娘は、思わず両耳に手を当てていました。

下の子がお昼寝中にしちゃだめなおもちゃです、これ。

上から様々な色の絵具をポトポトと落とします。

すると、瞬間的に遠心力で絵具がうわっと広がります。

この写真(下)は、低速で回したものなので詳細が見えますが、高速回転では、早すぎて何も見えません。

ぶいーーん!!とまわしながら、青・赤・黄・緑の絵具を垂らしたらこんな感じになりました。

芸術は爆発だ!!

ちなみに低速で、筆を使って渦巻アートもしてみました。

全部の色が混ざっちゃいましたが、これはこれで面白い。

何度も色々な色でやってみて、こんな感じに仕上がりました。

ここで娘は集中力が切れたようで、「もうおしまい!」と言ってました。

余談ですが、プレイドーで陶芸みたくできるかな?とやってみたくて、トライしてみました。

予想はしていましたが、プレイドーが硬すぎて、上手にろくろの機能を果たすことができませんでした。

どろっどろ寸前まで、プレイドーを水に浸けたら良かったのかな?

やったことないから怖くて、今回はやらずに終わりました。

最後に

今回の記事では、贈り物としてもらったイマジナリウムのおもちゃをご紹介しました。

自分が親だったら、子に買う?と言われたら・・・正直悩ましいです。

他に買ってあげたい知育系がある(絵本とかサイエンスキットとか)ので、きっと優先順位からは外れてしまうでしょう。

とはいえ、娘は元々お絵かきが好きなので、とても楽しそうに遊んでいました。

普段できない描き方、違ったアプローチで出来るアートを体験できたことは、とても貴重だったように感じました。

おうちじかんが多くて遊びに困っているパパさんママさん、遠心力アート面白いですよ!

ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大