赤ちゃんの歯磨きはいつから?どうやってするの?

どうも、最近4歳と1歳の仕上げ歯磨きに苦戦しているももです。1歳の息子の歯磨きは、ちゃんとやらせてくれなくて大変!

突然ですが、「赤ちゃんの歯磨きっていつから?その仕方って?何を使えば良いの?」って思うママさん、たくさんいると思います。私もそうでした。

生えてきたばかりの、可愛いキレイな歯、虫歯が出来ないように、しっかりケアしてあげたい!

そう思い、どういったものを使えば良いのか、どう歯のケアをすれば良いのかなど、調べて試行錯誤してきました。

1人目のときは、生後7ヶ月頃から少しずつ歯ブラシに慣れさせて、1歳すぎには毎日欠かさず歯磨きを行うようになりました。

その甲斐あってか、4歳現在も虫歯がなく、デンタルフロスが大好きです。

2人目は、1歳ちょうど辺りから、歯磨きを習慣づけるようにと毎日1回必ず行うようにしています。

今回の記事では、赤ちゃんの歯磨きはいつから?どうやってするの?ということを、私の経験談を交えてご紹介します。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

いつから歯磨きをすれば良いの?

ずばり、歯が生えてきたら歯磨きを始めましょう。早い赤ちゃんだと、3~4ヶ月頃には生えてきます。

遅くとも、離乳食を始める生後5~6ヶ月頃には、歯のケアを始めた方がよいと考えましょう。

最初は、赤ちゃんは口に何かを入れるということに抵抗を感じます。

なので、まずは口にガーゼなどを入れる練習から始めます。

シリコン製のおもちゃや歯固めなどで、お口に物を入れる練習をしても良いと思います。

えだまめの歯がため!今はこんなに可愛い歯がためが売っているのですね〜

最初はごく短時間で、無理なく少しずつ慣らしていく感じで大丈夫です。

最終的に、奥歯が生えてくる1歳半頃に、毎日朝晩きちんと磨く習慣をつけるようにします。

磨くタイミングはいつ?

1日1回、離乳食のあとが好ましいですが、赤ちゃんの機嫌の良さそうなとき、ママの都合が良い時間帯にしても、問題ありません。

赤ちゃんはよだれの量が多く、よだれが歯を保護する効果もあるので、1日1回しっかり磨いてあげれば十分だそうです。

私は、現在14ヶ月の息子の歯磨きは、夜のお風呂上がりに行うようにしています。

時間はあまりかけておらず、20~30秒くらいです。

あまり長いと嫌がります。そして、まだ歯が6本なので、時間をかけるほど生えていません。

1歳半になる前には、朝晩の歯磨きを習慣づけるように少しずつ練習していく予定です。

どんなものを使えば良いの?

私は、

生後6ヶ月まで・・・ガーゼタオル
生後6~12ヶ月・・・シリコン製の歯ブラシ
1歳~・・・柔らかい1歳児用の歯ブラシ

という順番で、少しずつレベルアップさせていきました。

幸い出産祝いでもらったので、シリコン製の歯ブラシは3種類持っていました。

こんな感じのものです。

煮沸消毒もできる、安心の指歯ブラシ。

ビジュアル的にも可愛い、乳児用歯ブラシ。

赤ちゃんに持たせる歯ブラシ。持ち手と歯ブラシが45度になっているので、噛んだら歯全体をキレイに出来る優れもの!!

自分で持って噛み噛みできる赤ちゃんなら、歯ブラシ型になっているものが良いです。お母さんと同じものを持っていると気付き、真似しようとします。

母子ともに慣れない最初のうちは、指にはめるタイプのものが、使いやすいです。

私は、シリコン素材のブラシを初めて使ったときは、指にはめるタイプを使用しました。

歯の感触がわかるから、やりやすかったですよ。

歯磨きしたい、でも歯ブラシがない!

というママさんは、まずは水かぬるま湯で濡らしたガーゼで、優しく歯の表面を擦ってあげるだけでも大丈夫です。

噛む力がついてきている赤ちゃんだと、噛まれるとかなり痛いです。歯の裏を擦るときは、歯のない部分の歯茎から指を入れると、噛まれてもあまり痛くありません。

また、噛めるおもちゃを心ゆくまで噛ませてから歯磨きをすれば、いくらか噛まれる確率が減ります笑

自分で磨くことに興味を持たせたいなら、赤ちゃん用のシリコン製の歯ブラシを用意しましょう。

よだれの自浄作用もあるから1日1回で

歯磨きは毎食後?1日1回?いつ???と思うかもしれませんが、歯医者さんのアドバイスによると、1歳半頃までは1日1回でも問題ないそうです。

1歳半まではよだれの量も多く、よだれが歯の汚れを流し出してくれるから、「歯をきちんと磨く」というよりも「歯磨きをする習慣をつける」という意味合いで、1歳半までは歯磨きに臨むべき、とのことでした。

我が家では、虫歯ができたらかわいそうだと思っていたので、心を鬼にして、1人目は1歳半前から朝晩歯磨きしていました。

短時間だからと、押さえつけて行っていました。

私の股の下に娘の頭を置いて、両腕を太ももで押さえて、すぐ終わるからね!とささっと磨きました。

毎度毎度そりゃまぁ、大泣きされたものです笑

でも、歯磨きが終わるとけろっと機嫌が直り、遊び出すので、泣かれるの覚悟で割り切っていました。

毎日歯磨きで泣かれる方が、虫歯で歯医者に行くより良い!と考えていました。

そのおかげか、虫歯1つありません。

4歳現在、歯医者さんに行っても嫌がりもせず、デンタルフロスの使い方を教えてもらって、家で私にこうやるんだよ!と教えてくれながら自分でフロスを行っています。

また、1歳半を過ぎてくると、奥歯も生えてきます。奥歯は食べ物を噛んだときに、食べかすが詰まりやすいので、きちんと歯磨きをしてあげる必要があります。

歯磨きは、1歳半までに習慣づけをし、1歳半からは本格的な虫歯予防のために行っていきましょう。

最後に

今回の記事では、「赤ちゃんの歯磨きはいつから?どうやってするの?」ということについて、私の経験談も交えてご紹介しました。

「毎日の歯磨きを習慣にする」ことを1番の目標に、早いうちに少しずつ、歯のケアを始めていきましょう!

赤ちゃんの歯に関する別記事はこちらから:
意外とみんな知らない、赤ちゃんの歯が生える順番ってこうだったんだ!
【1歳5ヶ月】ママが知っておくと安心な、歯の知識、歯みがき方法。そしてOrajel最高。
授乳中に赤ちゃんの前歯が当たって痛い!即効果が実感できる、対処法。
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大