簡単!手縫いで出来る、プリーツマスクの作り方【写真つき】

マスク。今やどこを探しても手に入りません。

感染のリスクがゼロにならないとはいえ、リスクが少しでも減るならばと、外出時に必ずつけるようになりました。

当然、10枚ほど備蓄していた使い捨てマスクは、あっさり底をつきました。

そして、マスクを作らないといけなくなりました。

手芸は好きなんだけど、裁縫だけは苦手なんだよなぁあああああ

と思いながら、ネットで「簡単に作れるマスク」を調べまくりました。

そして、試作品を作り、自分好みに改良をし、

超簡単
プリーツタイプだけどプリーツを縫わなくて良い
男女共用できる

マスクを適当に作ることに成功しました。

出来上がりはこんな感じです。

面積が広いので、鼻~口~あごまでしっかり隠れ、サイドのギャザーでフィット感アップ

タイツの切りっ放しでゴム部分を作ったので、耳裏の痛みもありません。

超快適!!!

今回の記事では、「裁縫が大の苦手な私でも作れる、超簡単手作りマスク」を、備忘録も込めてご紹介します。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

材料

マスクに使用する材料は、この通りです。

表布 15cm x 25cm・・・薄すぎず分厚すぎず、適度な通気性があるもの。私は穴が開いたレギンスを使用しました。

裏布 15cm x 22cm・・・肌に直接触れるので、肌触りの良いもの。ガーゼ地がベスト。私は赤ちゃん用のガーゼハンカチを使用しました。

ゴム 18cm x 2本・・・耳にかけるので、細めで柔らかめのもの。私はタイツの太腿部分を輪切りにして使用しました。

外出自粛中で店はどこも閉まっているので、今回は家にあるものを使い回しました。

裁縫は超ど素人なので、正直めちゃくちゃ適当です。

本来なら行うべきアイロンがけなど、面倒なのですっとばしてしまっています。

なので、これからお見せする写真は、とても雑でガタガタに見えると思います。

几帳面な方はぜひ、自己流にアレンジしながら美しく作ってください。

作り方

まずはコピー用紙を「15cm x 25cm」に切り、型紙を作ります。

そして、表布を15cm x 25cmに切ります。

型紙の両端を1.5cmずつ折り、裏布を15cm x 22cmに切ります。

両方の布を重ねて、縫い合わせていきます。

まち針を留めます(私はまち針がなかったので普通の針です笑)。

綺麗に丈夫に仕上げるなら、返し縫いが良いです。

上下縫い合わせたら、ひっくり返します。

ひっくり返す前に、アイロンで割ると綺麗に仕上がります。

私は面倒なので、やりませんでした・・・

ひっくり返しました。

今度は、両端を縫います。

1センチ強を三つ折りし、まち針で固定します。

両端は補強しておきたいので返し縫いで。それ以外は返し縫いでもなみ縫いでも。

私はシンプルになみ縫いにしちゃいました。

ここには後でゴムを通すので、1センチ程度の隙間を開けるのを忘れずに!

両端を縫いました。

ゴム部分を作ります。

タイツを2センチくらいの輪切りにして、2つ切ります。

指でびよーんと伸ばすと、端がくるっとまるまり、ゴムのようになります。

面白いです。

輪を切り1本の紐状にし、18センチで切ります。

安全ピンを使い、タイツをマスクに通します。

通したら、端と端をきつく固結びします。

反対側も同様に、タイツをマスクに通します。

結び目をマスクの中に入れ込み、タイツをひっぱり、ギャザーを作ります。

好みのギャザー具合になったら、両端を縫い付けます。

4箇所縫い付けたら・・・完成!!!

つけ心地は?

中がガーゼで肌触りがよく、表布もレギンスを使用したので、適度な通気性があり快適です。

耳のゴム部分は、タイツが柔らかすぎて、付けていることを忘れそう・・・!

何時間付けても、耳が痛くなりません。

サイズは大きめなので、男女共用で使用できます。

旦那が身長187cm、私が165cmでかなり体格差ありますが、一緒に使っても問題ありません。

この作り方で、合計3つ作りました。

夫婦ともに外出する機会が増えてきたら、もう3枚ほど作ろうと思っています。

お手入れ方法

1度使用したら、必ず洗濯しています。

手洗いか、洗濯ネットに入れて、他の服と一緒に洗濯機に入れて洗います。

素材が薄手なので、乾きも良いです。

最後に

今回の記事では、裁縫が大の苦手な私でも作ることができた、超絶簡単手作りマスクについてご紹介しました。

私には作れないよーと思っている、そこのあなた!

縫い方の基本さえ知っていれば、できますよ!!

ぜひとも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大