意外とみんな知らない、赤ちゃんの歯が生える順番ってこうだったんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成長と共に、歯の本数も増えてきて、個人差はありますが1歳を過ぎると奥歯が出てきます。私の娘は、1歳2ヶ月になりたての頃から生えてきました。上下4本ずつ、計8本が生えそろったのが1歳くらいなので、そこからだいぶ間隔が開きました。

1歳から毎晩歯みがきをしてあげながら、歯が生えてきているか、状態をチェックしています。

あ!奥歯が生えてきてる!!ついに生えてきたか〜これでさらに色々なもの食べられるし、よく噛めるね〜なんて話しかけながら、嫌がる娘を抑え込みよーく見ると、あら?前歯と奥歯の間が、歯1本分開いてる!なぜ隙間が開いているの??前歯から順序よく生えてくると思っていた私は戸惑い、怯みました。もしかして。。

このまま生えてこなかったりすることは。。ないよね?まさかね。と思いながらも気になったので、色々調べてみました。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

歯の生え方は十人十色!

歯科医院勤務の方や、歯科技工士の私のおじに聞いたところ、生え方や歯が出てくるタイミングは個人差があるとのことです。

上下4本ずつ生えた後、1本開いて奥歯が先に出てくることも至って普通です。周りのママ友の皆さんに聞いてみても、生え方はみんなバラバラでした。生える本数や歯の種類も目安として表示されてだけであって、遅いから、早いからと気にする必要はありません。いつか絶対生えてくるので、これも赤ちゃんの個性だと気長に待ちましょう。

実は奥歯は、犬歯(八重歯)より生えてくるのが早い!

歯が真ん中から1本ずつ生えてくると思っていた私。違うんですって!!知らなかった!!目からうろこ!!

Untitled.png

乳中切歯・乳側切歯、いわゆる前歯の上下4本ずつが生えそろうのが、だいたい1歳くらい。
その次に生えてくるのが第一乳臼歯、1本飛ばした奥歯でだいたい1歳4ヶ月までに生え揃う。
その後に、前歯の隣にある乳犬歯が1歳8ヶ月が出てくるそうな。

そして最後に、2歳頃に1番奥歯、第二乳臼歯が生えてきて、乳歯が全て生え揃います。
犬歯は奥歯よりもあとに生えてくるのが一般的だそうです。異常でもなんでもなく、至ってよくあることなので、気にしなくて良いそうです。

私と同じ様に心配していたお母さん、ほっとしましたね。

奥歯が生えてきたら虫歯に注意

歯がしっかり生え、本数が増えてくると食べられる種類も増えてきます。お母さんにとっては、色々食べられるようになって楽にはなってきますが、その反面、虫歯が心配ですよね。
1歳4ヶ月~1歳10ヶ月頃までは、上の前歯の間に物が詰まりやすく、1番虫歯になりやすい箇所です。歯の隙間は汚れが取りにくいので、注意して歯磨きするようにしましょう。
気になるようであれば、赤ちゃん用のデンタルフロスを使用するのも良いですよ。

我が子は押さえつけらるのが大嫌いなので、フロスなんてできたものじゃありませんが、大人しいお子さんだったらぜひ、行ってあげてくださいね。

家族の虫歯菌にも注意!

1歳2ヶ月を過ぎると、大人の食べているものも食べられるようになってきます。我が家では、さっき夕飯食べたのに、私と旦那が食べているとマンマくれとせがんできます。

隣の芝生は青い、現象です。ついつい、いつも白ごはんや味の薄いおかずをあげてしまうのですが、赤ちゃんに大人の虫歯菌を移さないようにしましょうね。

我が家では、必ず娘用のスプーンを用意して、スプーンやお箸を同じものを使わないように徹底しています。

大人のおはしや、口をつけた食器を使わないようにすると、虫歯菌の感染を防げますよ。
これを機に、パパママも虫歯があったら治療して、しばらく歯医者に行っていないならクリーニングしてもらうのも良いかもしれませんね。赤ちゃんのために、家族で虫歯対策していきましょう!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大