飛行機に乗るためにベビーカーを過去2年間に6回持ち込んだ、私の体験記。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、飛行機で13時間離れている、トロント在住のももです。

現在2歳の娘がいるのですが、諸事情で生後4ヶ月、9ヶ月、22ヶ月のときにトロントから日本へ一時帰国しました。

このうち1回(生後9ヶ月時)は、1人でトロント〜羽田間を行き来しました。

エアカナダ直行便、片道13時間のフライトを乳児・幼児と乗り込むことは、当然容易ではありませんでした。疲れても眠くても、思うように休めないので、めちゃくちゃ大変です。

少しでもラクに乗り切れるよう、親子ともに無理のないよう、事前にしっかり準備をして、フライトに備える必要があります。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

自宅~空港~飛行機~空港~目的地までの移動が大変!

フライト時間が大変なのはもちろんですが、自宅から空港へ、空港で出発までの移動と待機、日本に着いてからの移動も、かなりの重労働なのはご存知ですか?

自分と子供の荷物と、常に終始共に移動しなければいけないなんて、何だか果てしなさ過ぎて、考えただけで白髪が増えそうになりますよね。

こんなことを3回もこなした自分を褒めてあげたい・・・!

結論から言いますが、自宅から飛行機、飛行機から目的地へ到着するまでの移動は、ベビーカーをフル活用するに限ります。

私は過去3回とも、毎回ベビーカーをチェックインで預けず、搭乗口ギリギリまで活用していました。

なぜかというと、ベビーカーがあれば暴れる子を収めておくこともできるし、抱っことせがまれたら、抱っこしてリュックをベビーカーに乗せて運べます。

とにかく、全ての荷物を持ち運ぶことは不可能なので、ベビーカーに頼りまくることをオススメします。

以下、なぜそんなにベビーカーを勧めるのか、詳しく私の体験記をご紹介しますね。

ちなみに、私が利用したのはエアカナダの直行便、トロント〜羽田です。

ベビーカーは、ペグペレーゴSiという、イタリア製のベビーカーを愛用しており、飛行機利用の際もペグペレーゴで乗り切りました。

ペグペレーゴの素晴らしさは、この記事で紹介してます>>ペグペレーゴ Si 所有者が2年使用したリアルな口コミ。新生児からずっと使える!

そもそもベビーカーはどこまで持ち込めるの?

エアカナダ国際線は、ベビーカーを飛行機入口ギリギリまで持ち込み、使用できます。

チェックイン時に預けることも可能ですが、なんせ子供の荷物がすごいし、セキュリティから搭乗口まで10分以上歩くことを知っていたので、ベビーカーを使用しないオプションは、私にはなかったです。

空港にカートか貸し出し用ベビーカー置いてないの?と思うかもしれませんが、そんな便利な施設が整っているのは日本くらいです。

トロントの空港では、貸し出しは一般的ではないので、みんな自家用のものを持ち込んで使用しています。

搭乗カウンターでチケットを見せ、空港と飛行機の連結トンネルをくぐり抜け、いざ飛行機に乗るぞ!という本当の直前まで、ベビーカーは使えます。

飛行機入口の踊り場で、ベビーカーを自分で畳みます。ここで畳まないといけないし、少しの距離は全ての荷物を持って歩かないといけないので、事前に荷物をコンパクトにまとめておきましょう。

畳んだら、そのままその場に置いておけば、後は出発直前にスタッフが飛行機に積み込んでくれます。

ちゃんと積み込んでくれるか心配であれば、キャビンアテンダントにベビーカーを置いておく旨を伝えておくと良いでしょう。

客席までは持っていけませんのでご注意を。最近流行りの、極小に折り畳めるベビーカーなら、大きめのリュックサイズにまでまとめられるので、客席上に収納することができます。

有名な折り畳みベビーカーは、「ポキット」とマウンテンバギーの「ナノ」です。破損が心配だから、常に手元に持っておきたい、とにかく軽量なものが良いというママさんにはオススメです。付属のバッグに収納できて、持ち運びもラクラクできます。

持ち込み料金はかかりません

ベビーカーを搭乗口で預けることに対する追加料金は、一切かかりません。ベビーカーをチェックインカウンターで預けると、預ける荷物の1つとしてカウントされるようですが、直前まで持ち込む場合は、荷物としてカウントもされません。

ちなみに、私と旦那が機内に持ち込んだ荷物は、

・スポーツバッグ(おもちゃ・お菓子・飲み物・オムツなど娘のもの)
・キャリーオン用スーツケース(着替え・貴重品・多めに持ってきたオムツなど予備アイテム)
・大きめリュック(パソコン・筆記具など)
・抱っこ紐(エルゴまたはババスリング)
・ベビーカー

リュックとスーツケースは客席上の収納にしまい、スポーツバッグは何でもすぐ取り出せるように足元に収納していました。

チェックインは窓口でしないといけない

便利な世の中になったもので、出発時間24時間前から、オンラインでチェックインが出来るようになりました。さらには、自分でチェックインが出来るキヨスク(券買スタンド)ができ、長い列に並ぶ手間が省けるようになってきました。

が!!

乳幼児がいて、ベビーカーを搭乗口まで使用したい場合は、窓口でチェックインをする必要があります。なぜなら、子供の年齢や席の有無を確認され、ベビーカーに持ち込みタグを付けないといけないからです。

オンラインで事前にチェックインしても、乳幼児+ベビーカーがあることをスタッフに伝えると、必ず窓口に案内されます。

バシネットや席の変更リクエストなど、予期せぬ出来事が起こることも踏まえて、時間に余裕をもってチェックインに臨みましょう。

海外では貸し出しベビーカーがないことが当たり前

羽田空港では、セキュリティを通った後も、至る所に乳幼児シート付きのカートがあり、ベビーカーの必要性を一切感じません。

でもそれは日本ならではのサービスで、カナダではそのような贅沢なサービスは、残念ながらありません・・・

カナダを始めとする、ほとんどの国ではベビーカーを貸し出すというサービス自体がありません。そんなことをしたら、返さない人・盗む人が多発するからです。

日本以外の国では、手持ちのベビーカーを使用する前提で、準備しておきましょう。

唯一後悔したこと

これはいつか起こるだろうと思っていたことですが、搭乗口で預けたときにベビーカーが一部破損してしまいました。差し支えなく使用できる部分が破損したので、まぁ問題はないっちゃないのですが、今も壊れたままです。

今もそのまま使用しています。これは荷物を預ける宿命だから仕方ないかな、と諦めています。

私は時すでに遅しですが、破損が大きい場合は、空港を離れる前に、すぐに空港スタッフに問い合わせましょう。

エアカナダでは、ケースバイケースですが

・破損に気付いてすぐ
・手荷物受取後7日以内に書面にて提出

であれば、修理を補償してくれます。

詳細は、エアカナダの公式ウェブサイト(https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home/plan/baggage/delayed-damaged-baggage.html)を確認してみてください。

羽田空港では、すぐベビーカーを回収されるので注意!

羽田では、搭乗カウンター付近にベビーカーで近寄ると、目を光らせているスタッフがすぐに来て、ベビーカーを回収されます。

スムーズに搭乗手続きを済ますための作業なので、仕方ないことですが、搭乗時間まで十分な時間がある場合でも回収されてしまいます。これが地味に厄介で、すぐに子供と荷物を持ち、ベビーカーを折り畳むように言われるので、準備していかないと大変な思いをします。

羽田空港には、乳幼児シート付きのカートがあるので、それを使えば移動は問題ありません。

でも、ギリギリまで回収されたくないなら、搭乗カウンター付近のスタッフから十分に離れて笑 搭乗時間まで待機するようにしましょう。

ベビーカーを持ち込んでよかったことまとめ

最後に、ベビーカーを持ち込んで良かったこと・ラクだったことをまとめてみました。

乳幼児を乗せられる
荷物を乗せられる
飲み物置きや荷物フックがあり、荷物をすぐ取り出せる
長距離歩かないといけないときに便利
シート下収納カゴに、何でも入れておける
(靴・食べかけのお菓子・おもちゃなど、一時保管場所として便利)
食事用のハイチェアとして代用できる
免税など買ったものを引っ掛けておける

3往復、計6回乳幼児と飛行機に乗った経験から言うと、

ベビーカーは絶対絶対、持ち込むべし!!!!!

です。ベビーカーをチェックインで預けるメリットが一切思いつかないので、もう1度言います。

絶対ベビーカーは、搭乗口まで持ち込みましょう!

少しでもママと赤ちゃんの負担を軽くする、空の旅になりますように。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大