母乳量を増やしたいなら、ハーブティを毎日飲んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに出産という人生一大イベントを乗り越えたお母さん。今現在初めての経験に、手探りであれこれ模索されているのではないかと思います。出産前は準備万端だと思っても、いざ子どもが産まれると、思ったとおりに事が運ばず、不安や悩みは尽きません。

私も当初は産後右も左もわからず、不安だらけでした。特に母乳に関しては、旦那や両親の助けを借りられるわけではないので、とても苦労しました。

ネットで調べたり、人に聞いたりして、母乳を出すために、娘にたくさん飲んでもらいたいがために、あれこれ良いと言われることやものは試しました。

その時に出会ったのが、【ハーブティ】です。

ハーブティは、同僚に贈り物としてもらい、出産直後から早速飲み始めたのですが、本当に驚くほど母乳量が増えました。

最初は増やすために積極的にハーブティを飲んでいましたが、途中から需要より供給が上回ってしまい、ハーブティを飲むのを控えたほどです汗

このページでは、試してみて良かった、母乳量が増えたハーブティについて、母乳の必要性と体験談を踏まえてお伝えしますね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

母乳育児の必要性

母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養素です。産院でも小児科でも、粉ミルクのパッケージにも、母乳が1番だと一同に推薦されています。

母乳を飲んだ赤ちゃんは、粉ミルクで育てられた赤ちゃんよりも免疫機能が高いと言われています。また、哺乳瓶ではなく直接乳房から母乳を吸うことで、母親とのスキンシップが図れます。

この授乳の時間は、なんとも言えない特別な時間で、一生懸命おっぱいを吸う赤ちゃんを抱くことで、スキンシップが取れ、親子の愛着度がさらに増します。

母乳に勝るものは何もありません!赤ちゃんの健康のためにも、個人的には母乳育児をお勧めします^_^

母乳はどうやって作られる?

母乳はお母さんの血液から作られます。妊娠、出産を経てお母さんのホルモンが変わり母乳が分泌されます。乳房の周りにある毛細血管から、乳腺に血液の一部とカルシウムなどの栄養が送られ、それが母乳として乳頭から出るのです。

このとき、血液の中にある赤血球は乳腺に送られず、たんぱく質、栄養、白血球が送られずので、母乳が赤くなることはありません。産後、1番初めに出てくる母乳は濃い黄色の乳白色をしていて、ごく少量出てきます。確か10〜20mlくらいだったかと思います。

ほんの僅かな量ですが、通常の母乳に比べて栄養価が凝縮されていて、産まれたての新生児にはとても重要なものです。

また、出来るだけ頻繁におっぱいを吸わせることによって母体のホルモンへの刺激となり、母乳量が徐々に増加します。余談ですが、産後すぐ母乳を作る準備を身体がするようで、胸があり得ないくらい大きくなり、旦那にひどく驚かれました笑 個人差はあるようですが、かなり大きくなるので覚悟しておいてください笑

母乳量を増やすには水分を摂ることが必須!!

赤ちゃんは、1日におよそ1リットルの水分を摂ると言われています。当然ですが母乳は水分で出来ているので、お母さんが水分をきちんととらないと上手く母乳が出ません。最低でも、1日2リットルは水分をとるようにしましょう。

母乳を作るために1番必要なことは、水分を摂ること、と言っても過言ではありません。母乳の99%は水分で出来ています。

水が苦手なら、麦茶やハーブティなど、カフェインがなく、砂糖があまり含まれていないものなら何でも構いません。どんどん積極的に水を飲みましょう!!

なぜハーブティが母乳量を増やすのによいの?

ハーブは、ヨーロッパや北米では日常生活に取り入れられており、一部の産院ではハーブティを妊産婦に出すほど、ポピュラーなものです。

ハーブの種類によってその効果は異なりますが、主に下記のハーブが母乳に良いと言われています。

ラズベリーリーフ
フェンネル
レモングラス
ネトル
ルイボスティー
ローズヒップ

これらのハーブには、母乳の出を良くする効果や、造血効果があります。中でもやはり、母乳量と質を高めるために上手く配合されたハーブティがお勧めです。

私が飲んだのは北米で人気の、【Milkmaid tea】母乳がどんどん出てくるハーブティ
というものです。カナダのベビザラスで簡単に手に入ります。

乳腺炎防止にもなる

ハーブティには母乳をサラサラにする効果もあります。水分摂取が足りていなかったり、油分糖分が多いものを食べたり、クリームやチョコレートなと食べたりすると、乳腺が詰まりやすくなります。

そういうものを食べないのが一番ではありますが、食べてしまった後は必ずハーブティを飲んで乳腺トラブルを起こさないように対策しましょう。

実際に飲みました!オススメのハーブティ

先述しましたが、私が飲んでいたのはMilkmaid teaという母乳量を増やすためのハーブティです。フェンネルやラズベリーリーフ、ネトルなどが配合されたオーガニックのハーブティで、1日に1〜3回飲むことを商品は薦めています。

私は1日に2パックを何度かお代わりして飲んでいました。そんなに美味しいものではないですが、飲みづらいものでもなく、続けられましたし、これを飲んでから母乳の出が良くなったので、リピートしました!!

嬉しいことに、ついには需要より供給が上回ったので、ハーブティを飲むのを控えるようになりました笑 それくらい、効果てきめんってことです!!
楽天でも手に入りますし、お値段もリーズナブルです。ぜひ一度試してみる価値あります!

母乳の出が悪い人
母乳の質を良くして、赤ちゃんを健やかに育てたい人
お茶が好きな方

絶対お勧めです!嘘だと思ってトライしてみて欲しいです!

まとめ

母乳を増やす=水分をたくさん摂る=ハーブティがオススメ!!

育児の悩みや不安は尽きませんが、母乳の量が増えると赤ちゃんも安心して良く寝てくれるようになりますよ。あなたの母乳育児がうまくいきますように。



スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大