【トロント】雷神の冷凍ラーメンを食べてみた感想!

コロナウイルス流行につき、外出自粛、おうちごはんが続いています。

ここトロントは、休業していたお店が少しずつ再開しています。

でも、全てのお店が開いたわけではないし、学校は9月まで休校(予定)だし、日本のニュースを見ていると、再開に慎重を期しているのか、かなり遅い感じがします。

もどかしいけど、仕方ない。健康第一、何かあってからでは遅い。

そんなある日、トロントで超有名なラーメン店「雷神」の冷凍ラーメンをお裾分けしていただける最高な機会がありました。

雷神さんの公式ホームページはこちらから:https://www.zakkushi.com/raijin/

久々の日本のラーメン!!!しかも家で気軽に作って食べられるなんて!!

と、非常にテンションが上がりました。

家でお店のラーメンが食べられる!
毎日夕飯作るの面倒だけど、冷凍ラーメンなら鍋で火を通すだけでできる!手抜き万歳!
お店で食べるラーメンより割安!

とメリットも盛り沢山だったので、今回の記事で「雷神の冷凍ラーメンがどんな感じだったか」を、写真を交えてご紹介します。

注:残念ながら、冷凍ラーメンは限定試作セールで、現在は販売されていないようです涙(2020年6月14日現在)

ぜひとも定番化してほしいものです!!

6月26日現在、一般販売開始したようです!

この投稿をInstagramで見る

ramen RAIJIN on Wellesley(@ramenraijinonwellesley)がシェアした投稿

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

いただいた冷凍ラーメンはこれ

今回食べて感想をお伝えするのは、博多とんこつラーメンです。

冷凍・真空パックされてこんな感じで提供されています。

他にも、旨味しょうゆとゆず塩をいただきました。

これらの感想は近日中にご報告します〜

あぁ、食欲をそそるパッケージングが美しい・・・これ見るだけでよだれが。

パッケージを見て、そういやこんな冷凍食品日本にあった!日本に住んでたときよく食べてた!と思い出しました。

スープと麺だけでなく、チャーシュー、ネギなどのトッピングも付いています。

あれこれ準備しなくて良いのが、主婦にとって嬉しいところです。

冷凍ラーメンの作り方

ご丁寧に作り方の紙も用意されていたので、参考にしました。

とはいえ、平たく言うと「鍋に冷凍ラーメンをぶち込んで、麺がほぐれるまで加熱すれば完成」なので、難しくもなんともありません。

小鍋に入れて火を通すと、底にあるスープが溶け始めます。

スープがしっかり溶けたら、麺を時々ほぐすようにしながら続けて加熱しました。

そして麺が完全にほぐれたら強火にして30秒!

器に移します。

鍋で全ての材料を一気に加熱するので、紅生姜とネギが散らばり、見ためはいまいちになってしまいました。

おうちごはんだから、見た目なんて気にしなーい!

家で作ったゆで卵を加えて、いただきます!

食べてみた感想

自宅でかなり本格的な日本のラーメンを、鍋1つで調理して、気軽に食べられることに感動しました。

コクのある豚骨スープ、スープにあった極細麺、手間ひまかけたチャーシューに、さらには木くらげと紅生姜!!!

美味しくないわけがありません。。あぁ、幸せ。

ペロリと1食分たいらげました。

ただ1つ、お店で食べる出来立てのラーメンと比べると、麺のコシが劣ってしまいます。

そこが少し惜しいところですが、家で気軽に日本の本格ラーメンが異国の地で食べられることを考えると、美味しいと思うし、またリピートしたいと思います。

早く醤油と柚塩味のラーメンも食べたい!!!

最後に

今回の記事では、トロントの人気ラーメン店「雷神」さんで限定販売されていた、「冷凍ラーメン」を食べたときのことをご紹介しました。

トロントの日系メディアTORJAさんでもご紹介されていたので、よかったら見てみてくださいね。トロントの人気ラーメン店「雷神」が冷凍ラーメンを開発、13日から限定販売開始

旨味鶏醤油ラーメンとゆず塩ラーメンを食べたときのこと:

【トロント】雷神の冷凍ラーメンを食べてみた感想その2!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大