2年間使った先輩ママが、エイデンアンドアネイのスワドルについて語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、出産前はエイデンアンドアネイを見くびっていた、ももです。

私は、エイデンアンドアネイのスワドルを、知人から出産祝いでもらいました。巷のママさんの間で人気とは知っていても、「値段が高い!」「みんな持っているし、かぶりたくないよなぁ」「正直、使えるのかわからん」と、敬遠していました。

もらった当時は、「ラッキー!夏用のブランケットを買わなくて済む!」と単純に考えていたものです。

そうです、ただのガーゼケットだと思い込んでいたその当時の私は、その利用価値を全く見出していなかったのです。

そんな風にあなたにはなってほしくない!!だってとっても便利で、ずーっと長く使えるんだもの!!

今まさに妊婦さんで出産準備品を揃えている方、周りに出産予定の方がいて、贈り物をどうしようと迷っている方、ぜひエイデンアンドアネイのスワドル(おくるみ)を、必ず購入リストに追加してください!

今回の記事では、エイデンアンドアネイ(大判のガーゼケットなら特に何でも良い)のスワドルを2年間、娘に愛用してきた私が思う、9つのことをご紹介します。

ガーゼケットって必要なの?
値段も高いし、使い道もよくわからないけど、本当に使えるの?
出産準備品に追加するべき?
贈り物としてあげても、実際に使ってもらえるのかな?

そんな風にお考えのあなたに、必ず役に立つ情報をここで語らせていただきますので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

大判サイズで多用途に使える!

エイデンアンドアネイのスワドルのサイズは、120センチ四方です。ガーゼケット・おくるみとして販売されている商品は、様々なサイズ展開がありますが、120センチ程度あるおくるみを必ず購入しましょう。

なぜかというと、小さいとすぐにサイズアウトしてしまうし、他の用途に使うことができないからです。

「おくるみ」として売られているものは、70〜80センチ四方です。新生児にはぴったりのサイズ感ですが、3ヶ月もすると小さく感じてしまいます。大柄な赤ちゃんだと、もっと早くサイズアウトしてしまうかもしれません。

その点、エイデンアンドアネイは120センチ四方なので、おくるみ以外の目的にも使用できます。

こんなに可愛いデザインも、現在は販売しているようです。

私がこの2年で使用した用途は、以下の通りです。

シーツ代わり

乳児は母乳やミルクを頻繁に吐きこぼします。寝ている時もまた、吐くことがあります。

シーツや布団が汚れてしまうと洗うのが大変ですが、エイデンアンドアネイを下に敷いておくと、汚れたらささっと洗濯機に入れて洗え、すぐ乾きます。

ブランケット

外出時・家にいる時に、お昼寝時に掛けてあげるブランケットとして活躍しました。通気性がよく、汗をかきにくいし、かさばらないので重宝しました。

オムツ替えシート

半分に折って、オムツを替える時に使いました。外出時や友人宅に訪問したときに便利でした。

おくるみ

新生児のときの娘を抱っこするときや、ねんねさせるときに冷えないように巻いて使用しました。

娘は11月生まれだったので、スワドルに巻いてから毛布をかけて寝かしていました。

授乳ケープ

両端を結んで首を通せる輪っかを作れば、即席授乳ケープになります。ガーゼ素材で透けそうですが、全く透けませんし大判で隠しやすいです。

風通しも良いので、赤ちゃんが汗をかきにくいですよ。

日除け

ベビーカーをフルフラットにすると、幌でしっかりカバーしたくとも日差しが直撃します。

そんなときに、我が家ではいつもエイデンアンドアネイを幌の上からかけて、日差しをしっかりガード。両端同士を結んで風で飛ばないようにしています。

タオル代わりに

予定外の水遊び、タオルを持ってくるのを忘れた・・・など、出先でタオルがない!という場面にも、スワドルは役立ちました。

コットン100%のガーゼ素材なので、吸水力が半端ないです。

お出かけ時に荷物が減る

このように、多用途・多目的でエイデンアンドアネイのスワドルは使用できるので、あれこれ持ち歩く必要がなく、荷物が減ります。

赤ちゃんを抱っこしなければならず、極力荷物を減らして出かけたい!という母乳育児のママさんは、スワドルとオムツとおしりふきがあれば、基本どこへでも行けちゃいますよね。

とてつもなく便利な代物です。

コットン100%のガーゼ素材で、新生児の肌にも優しい

エイデンアンドアネイの人気の秘訣の1つですが、コットン100%素材なので、汗をしっかり吸収してくれます。また、通気性が高いので、赤ちゃんが眠っていても汗をかきにくいです。

さらには、コットンは刺激が最も少ない素材の1つなので、新生児から使用しても安心です。

私も娘が生まれて、退院したその日からスワドルを使用していましたが、肌トラブルになることは一切ありませんでした。

触り心地がよく、赤ちゃんぐっすり

コットン100%でガーゼ素材のものは、手触りがとても滑らかで柔らかい上に、吸水性にも優れていて、何度洗濯してもふんわり仕上がります。

娘が生まれてから約2年、何度も洗濯していますが、肌触りは衰えることなく柔らかで、破れや綻びも一切ありません。

娘が寝るときに毎日使用していて、気持ち良いのか、顔にブランケットをわーっとこすり付けて嬉しそうにします。娘にとっても大のお気に入りのようです。

速乾性が半端ない!

2枚以上持っていて、洗い回しするのが理想ですが、とりあえず1枚だけ・・・という方に朗報です!洗濯から乾くのが、めちゃくちゃ早いですよ!

タオルよりも、コットンのTシャツよりも、断然早いです。

母乳や汗などで汚れてしまっても、洗って数時間で乾くので便利です。

長く使えるからお得感抜群

ほとんどのベビー用品は、サイズアウトしたり、劣化したり、使い道がなくなったりして使わなくなります。

でも、エイデンアンドアネイのスワドルは、新生児〜3歳ごろまで使用できます!実際に我が家では、産後からほぼ毎日使用しています。

先日3歳すぎの子が、我が家にお泊まりに来たときにスワドルをおやすみのときに貸しました。肌触りが良かったようで、ぐっすり眠ってくれましたよ。

少し値段が張るけれど、3年間毎日使用できるのであれば、購入する価値ありますよね。抱っこ紐やベビーベッドのほうが、よっぽど短期間で使わなくなりますよ・・・

薄いから冬には適さないかも?

ここまでエイデンアンドアネイをベタ誉めしてきましたが、少し気になる点も述べておきますね。

ガーゼ素材で通気性が高く、速乾性に優れている反面、冬になるとその薄さが気になってしまいます。

我が家では枕カバーとして使ったり、布団の下に掛けてあげたりして使用していますが、冬になると、活躍できる場が減るのは正直なところです。

薄すぎるからクッションにはならないかも?

毛布やタオルのような厚みはないし、クッション性もほとんどないので、赤ちゃんの下に敷いてあげるものとしては、物足りないです。

乳児のときは、スワドルの下に毛布を敷いてあげたり、座布団を敷いてあげたりして使用しましたが、もう少し厚みがあると便利なのにな、と思いました。

厚みができると、今度は乾きにくくなったり、授乳ケープとして使えなくなったりと、デメリットもあるので、まあどっこいどっこいなところですが・・・

総合的に考えて、1〜2枚あって損はない

あれこれ思うままにご紹介してきましたが、「エイデンアンドアネイがあって良かった」と100%断言できます。

こんなに便利で、多用途に使用できるベビー用品は、他にはないんじゃないかな?心底持っていて良かったと思っていますし、友人が出産したとなると、ほぼ必ず贈っているのがエイデンアンドアネイのスワドルです。

1枚でも良いですが、2枚あった方が、1枚は外出用でもう1枚は自宅用にしたり、毎日洗濯したり、車用に1枚車に保管しておいたりできて便利なのでオススメです。

値段だけ見ると、少々お高く感じますが、「使える年数」と「色々なものに代用できちゃえるから、あれこれ買わなくて良い!」と思うと、理にかなったものであることは間違いありません。

ご購入を検討されている方に、もう1度念を押します。

絶対1枚持ってて損はないから、買ってください!!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

可愛い、レア柄が欲しい!大切な人に贈りたい!という方は、「2年間愛用中のママが勧める、エイデンアンドアネイの可愛い!レア柄!スワドル8選」の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大