カナダのユニクロに行ってきたよ!お得に買い物したいならセール中が狙い目。

気に入った記事はシェアしてくださいね。

便利な世の中になりました。
2010年にカナダに来た当時、日本発のお店はほとんどありませんでした。

ここ3〜4年で日本の大手企業が海外進出し始め、山頭火やテツおじさんのチーズケーキ、牛角や辻利、無印良品などが、トロントに次々と出店し始めました。
そして、ついにはあのユニクロまで昨年オープンするなんて!この上なき感激です。

毎回、日本に一時帰国するたびに大量に買っていた、ヒートテックや肌着や靴下、さらには子供服も、これからはトロントで買えちゃうんです!
海外に長く住んでいる人にはわかることですが、毎度はるばる日本から、重たいスーツケースに入れて運んでくる手間と労力を考えると、すごいありがたいことです。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

カナダにはお手頃で高品質なファッションブランドがない!

え?そんな大げさに言うけど、カナダにもユニクロのようなお店あるんじゃないのって??

ぶっちゃけ、残念ながらユニクロと同じようなブランドは存在しません。
カナダにもH&MやZARAなどはあり、お手頃でまとめ買いしやすいのですが、質はあまり良くないので、しばらく着ているとくたくたになります。質の良いものをと探せば、どうしても値段が張ってしまいます。

ユニクロのように、お手頃で質がよく、シンプルで老若男女問わず愛されるブランドが、カナダにはありません。あってもすこぶるださくて、着れたもんじゃありません。

だから、ユニクロのようなブランドがトロントに上陸してくれたことを、心底嬉しく思います。

今回の記事では、実際にカナダのユニクロに行った体験記を、写真をたくさん織り交ぜてご紹介します。
ベビー服目当てで行ったので、ママ目線でレポートします!
ユニクロに行こうか迷っているあなたに、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

ユニクロはカナダのどこにあるの?

2017年6月現在、ユニクロはカナダのトロントに2店舗あります。オープン当時、プレスリリースでユニクロのウェブサイトでも紹介されました。

「イートンセンター」という、トロントのダウンタウンど真ん中にある、観光地としても有名なショッピングモールと、トロント北部にある、巨大ショッピングモールの「ヨークデールモール」にあります。
どちらもとても有名で、ここのショッピングモールに出店しているブランドは大手ばかりです。アクセスも良いので、地下鉄や車でささっと行きやすい場所にあるのも魅力の1つですね。
そのうちバンクーバーにも出店するようですが、現時点ではトロントのみです。
私が先日行った、ユニクロ トロントイートンセンター店は売り場面積770坪、2階建てのフロアで構成されていて、基本毎日営業しています。

Toronto Eaton Centre     
住所:220 Yonge Street, Toronto, ON
営業時間:月)10-18時、火〜金)10-21時半、土)9時半-21時半、日)10-19時
アクセス:地下鉄TTC、DundasもしくはQueen駅直結。
ユニクロは、Dundas駅から地上階に行くとある。

日本のユニクロにいるみたい!

イートンセンター内の店舗。日本のユニクロと全く同じ!
ヤング通りとダンダス通りの交差点近くにある、イートンセンター地上入口から入ってすぐ、真正面にユニクロはあります。
とにかく広くて奥行きがあり、外観を見てもわかるように、存在感抜群です。
2階建てのストアは高さを最大限に活かすディスプレイを意識しているのか、開放感があり、狭さや窮屈さを全く感じさせません。

店構え、看板やサイン、レイアウトなインテリアなど、日本のユニクロをそのまま同じように表現しているので、店に入ってしばらくうろうろしていると、日本にいる錯覚に陥りました笑

販売されている商品も馴染みのあるものばかりで、ヒートテックや肌着、ベビー用レギンスのパッケージなどを見て、思わず懐かしい〜!とニヤニヤ笑顔になりながら、商品を物色しました。

ぜひあなたもトロント在住なら来てみてください。ユニクロにいる間だけ日本にいるような気分になれます。
店員さんもアジア人が多く、全員日本語話せるもんだと錯覚して、思わず日本語で話しかけそうになっちゃいますので注意です。

カナダのユニクロは少し割高、でも・・・

どのように商品をカナダに仕入れているかはわかりませんが、カナダのユニクロで販売している商品は、日本で買えるものと比べると割高に感じます。

日本のユニクロで販売されている、ベビー用のレギンスは790円ですが、カナダのユニクロでは$9.90(900円位)です。

左は日本のユニクロオンラインショップより。右はイートンセンター店より。

私が先日訪れた際は、ロングウィークエンドで月曜が祝日だったので、3日間のセールをしていました。$14.90のものが$5オフされていて、$9.90(900円位)でした。

全体的に少し割高であることは事実ですが、カナダで日本のブランドが買えるし、セールの時期を狙えば、日本のユニクロとほぼ同じ価格で購入できるので、セール情報は要チェックです!

早速ユニクロのベビー服売り場へ!

店内入ってすぐ、目指すはベビー用品売り場。あちらこちら探せど見当たらず、ふと2階を見上げから子供服が見えたので2階にあることがわかりました。

ベビーカーで移動することが多いカナディアンの家族。
我が家もベビーカーで来ていたので、子供服を買うために2階に上がらなければいけないことに、少し不親切さを感じてしまいました。
地上階だったら便利なのにね、と旦那と話しながら、私が娘を抱え、旦那がベビーカーを持って、エスカレーターで上りました。

エスカレーターを降りてすぐ右手に、ベビーと子供服コーナーがあります。

5月に訪れたのですが、夏物がたっぷり陳列されていました!

ユニクロのベビー服売り場には、主に肌着・レギンスが多く取り揃えられていて、サイズも種類も豊富です。
人気ナンバーワンのキッズのレギンスは、前段落に写真を掲載しましたが、シンプルな黒・グレーや、ストライプ、花柄や迷彩柄などもありました。カナダのレギンスは派手で目立つデザインが多いけど、日本のデザインはシンプルで抑えめなカラー配色なので、私好みで嬉しいです。
在庫もたっぷりあるようで、ずらりと商品棚に並べられていましたよ。

お目当ての肌着を物色。娘はとってもアクティブでよく動き回る子なので、股下のボタンで留められるボディスーツを探しにきたのですが、エアリズムのボディスーツを発見!!!

しかもセールで$5オフ!夏の肌着用に、早速2つ買いました。これ着せてからTシャツ着せれば、お腹が出ることなく、冷えなくて安心です。
日本のサイズ展開ではなく、北米のサイズ展開にパッケージが変更されており、娘は18ヶ月なので、18-24M(80-90cm相当)のものを買いました。他のサイズもたっぷり在庫ありましたよ。

早速翌日に着せました。1歳半の娘には、まだ少し大きめでたるみがあるので、今年はもちろん、来年の夏まで使えちゃうかもしれません。

ボディスーツって、動き回ってもお腹が出ないから、クーラーがガンガン効いてるトロントには必須アイテムなんですよね。こんなことで風邪を引かれて、デイケア(保育園)休んでほしくないし。。

ユニクロで買ったもの

・エアリズムベビー肌着、サイズ:18-24M、2枚組を2パック
・フラミンゴ柄の7分丈レギンス
・半袖パジャマ
・私の靴下3枚組

合計$56.16(5200円くらい)でした!
今まで日本で買わなきゃいけなかったから、毎回ユニクロがかなりの面積を占めていたスーツケース。でも今後は、カナダで買えないもの他のものをどっさり買って帰れそうです。
広々とした店内に、高品質のシンプルな商品に大満足。
また季節が変わって何か必要なものが出てきたら、訪れようと思います。

  どうも、冬はお腹が冷えないように、娘に絶対ボディスーツにパンツを履かせる派のももです。   ・出産準備品を色々買い揃えて・・・
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

気に入った記事はシェアしてくださいね。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大