トロントで刺身が食べたくなったら、Taro’s Fishへ行こう。数少ない日本人経営の本格的な魚屋!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トロントの街を歩けば、日本のコンビニ並みにあるのではないかと思うくらい、至るところにある寿司レストラン。

ここ2〜3年でかなりトロントでも浸透してきたようで、レストランだけでなく、ほとんどのスーパーマーケットのお惣菜コーナーでも、お寿司や刺身が売られているから驚きです。魚の種類はとても少ないですが、カナダのサーモンは脂が乗っていて、なかなか美味しいんですよ。私の両親がトロントに来たときに、大絶賛してまた食べたい!と言っているほどです。

トロントで刺身や寿司が手軽に買えるようになったのはいいけれど、寿司レストランの経営者の多くは、中国人か韓国人が多く、さらには欧米人向けに作られた、アボカドやマヨネーズが使われたカリフォルニアロールが主流なので、日本人の想像する寿司とは程遠いです。刺身もサーモンくらいしか売ってないし。美味しいけど、もう少し種類が欲しい。カリフォルニアロールも美味しいけれど、たまにはザ、日本!これこそ定番!と思えるような寿司を食べたい!

今夜は巻き寿司が食べたいの!という私。旦那と私の食べたいものの嗜好は、普段いつもドンピシャで、寿司が食べたいと言った瞬間に、「じゃ今夜はTaro’s Fishで寿司をテイクアウトして食べよう!」と即決定し、娘と3人でドライブがてらに買いに行くことにしました。

Taro’s Fishは、トロントで五本の指に入るほど有名な、日本人経営の魚屋。以前に何度か刺身の盛り合わせを注文したことがあるのですが、日本さながらに盛り付けしてくれ、美味しかったです。

初めてお店に行ってきたので、今回の記事では、Taro’s Fishについてと、どんなものが売られているのか、私たちが買ったものをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

トロントで色んな種類の刺身が食べたい!

トロントは、湖こそあれど海がなく、日本のように流通が整っているわけではないので、新鮮な魚を種類豊富に取り揃えているお店は、ほぼないと言って良いです。
大手のスーパーマーケットに行くと、サーモン・Cod(鱈)などの白身魚・マグロなど数種類が売られていますが、「このサーモン、刺身でいける?」と聞くと「多分ね」や「多分大丈夫だけど、私なら生で食べない」と鮮魚売り場の兄ちゃんに言われます。
そう言われながらも、たまにサーモンの刺身がたくさん食べたくて、リスク承知で買って食べてますが笑 とにかく刺身の種類が少ないのです!!

ジャパレス(日本食レストラン)はトロントに多く存在するので、そこに行けばまぐろ、サーモン、ボタンエビ、イカ、赤貝、鯛、はまち、鯵、シメサバ、ウニ、いくらなど食べられますが、子連れだとゆっくり食べられません。動き回るし、叫ぶしわがまま言うし、周りに迷惑がかかって、そそくさと帰るのがオチです。

そんな外食がなかなかできない家族や、家でゆっくり美味しい刺身や寿司を食べたい、という我々にはもってこいなのが、このTaro’s Fishなのです。

Taro’s Fishはトロントのどこにあるの?

ダウンタウンエリアから北に行くと、Sheppard x Yonge駅があり、そこからTTCのパープルラインで東に行きBessarion駅で降りたらすぐです。
住所:800 Sheppard Avenue East
Toronto, ON
電話番号:416-730-8555
営業時間:火〜金 12:00 – 20:00
     土   10:00 – 20:00
                日・月 休み
店内の様子

Taro’s Fishに行ったら何が買えるの?

店内は思ったより奥行きがあって広く、魚はもちろんですが、日本にちなんだ漬物、お菓子、カップ麺、調味料が売られています。数々の品がある中、カントリーマアムや一平ちゃん夜店の焼きそばを見つけて、一気にテンション上がりました。
ただ、トロントで売られているので割高です。80円くらいで買える、ブルボンプチシリーズが3.2ドル(300円ちょっと)で思ったより高くて、少し怯みました。

もちろんここのメイン商品は、魚。私が行った日は、一匹丸ごとのあじ、さば、かさご、真鯛、金目鯛や、切り身のホタテ、まぐろ、はまち、しめ鯖、ボタンエビ、わかさぎ、調理済たこ、ウニが売られていました。
また味噌漬け、照り焼きソース漬けにして冷凍された魚も売られているが、手間暇かかっているのかこちらはかなり割高。種類によりけりですが、ふた切れ20〜40ドルほどします。

今回ももが買ったのは、刺身ではなく巻き寿司

店内右奥では寿司のテイクアウト販売も行っていて、注文後作ってくれます。
土曜日だったからかもしれませんが、お客さんが次々にお寿司をオーダーしていて列を作っていたので、その人気っぷりが伺えました。
メニューの詳細は、ぜひ下記を見てもらいたいのですが、私たちは今回、巻き寿司を5種類頼みました。

Taro’s Fishの寿司テイクアウトメニュー

トロントで太巻きをまさか食べることになると思いませんでしたが、具沢山でとっても美味しかったです!!後のは。。まぁ普通でした。
太巻きはまた買ってもいいけど、巻き寿司を買うくらいなら、握り寿司とかちらし寿司の方が、お値打ちがありそうでした。
以前、義理の父の誕生日のときに刺身盛り合わせ$100分を予約注文し、テイクアウトしたことがあるのですが、その方がよっぽど食べ応えがあり、ボリューム感がありました。なので正直、今回は失敗したな。。と感じてしまいました。
刺身盛り合わせや太巻きは美味しいので、頼むならその2つをオススメします!
ちらし寿司や握りも、頼んだことはありませんが、頼んでいる人多かったし、美味しそうだったので挑戦してみても良さそうです。
私は次回、刺身たっぷりのちらし寿司を頼む!!!

土曜の午後〜夕方は混む!

今回訪れたのは、土曜の午後4時半頃。恐らく1番忙しい時間帯に訪れてしまったと思います。ざっと数えただけでも40人くらいお客さんがいて、次から次へと寿司や刺身盛り合わせの注文が入ってきていたので、店内はとても忙しく、寿司をオーダーしてから20分以上待つことになりました。

1歳児の娘がいながら待つことはなかなか至難の技で、商品を触っちゃダメ、と言っていると次第に機嫌が悪くなり叫び出したので、旦那は外で娘と待ち、私は店内で寿司が出来上がるのを待ちました。特に急いでいないのであれば良いのですが、もし急ぎであれば事前に電話で注文するか、比較的空いていそうな午前中に訪れることをお勧めします。

トロントで日系の店に行けるだけでありがたい

日本のそれと比べてはいけないと思います。欲を言えばキリがありません。もう少し鮮度が高いものが欲しいし、種類増やしてほしいし、季節のものがもっとあればいいなと思うし、巻き寿司にレタス入れないで欲しいと思うし。。。笑

日本は流通システムもしっかりしているし、元々色んな種類の魚を捕って、それを販売する基盤があります。それがないトロントに住んでいながら、刺身や寿司が食べられるだけで、異国の地で、ここまで本格的で豊富な魚を取り扱っている、Taro’s Fishのような存在があるだけでもとてもありがたいことだと感じています。

これからもちょこちょこ通わせていただくことにします。トロントにお住まいの方もぜひ、足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大