収納カゴが大きい海外製人気ベビーカー5選!荷物が多くても安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、2歳児の保育園送り迎えで毎日ベビーカーを使用している、ももです。

ベビーカー選びの決め手はいくつかありますが、その中でも外せない決め手の1つが、「収納力」です。

赤ちゃんが産まれるまでは身軽で出かけられたのに、乳児とのお出かけのときは、その荷物が多いことに気づかされます。

粉ミルクや哺乳瓶、お湯を入れた魔法瓶、離乳食、お菓子、オムツ、替えの服、おもちゃ、ブランケット、タオルなどなど・・・

とにかく多いし重いし、かさばるんです!

日本では、片手で畳める軽量の国産ベビーカーが人気で、便利そうですよね。でも、見ているとベビーカー下の収納カゴが極小だったり、荷物を掛けるとすぐ倒れたりして、安全面が心配です。

収納カゴが大きくて、何でもガンガン荷物を放り込める頑丈さを兼ね備え、さらには赤ちゃんを安全に乗せられるベビーカーはないの!?

と思っている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

収納力重視なら、海外製ベビーカーがオススメ

収納力が高いベビーカーが欲しいと考えているなら、「海外製ベビーカー」が断然お勧めです。

なぜなら、安全性を最重視して作られた海外製は頑丈なので、重さに非常に強いからです。

ベビーカーの重量だけを見ると、重い=欠点に見えてしまいがちです。

でも、重量が重めのベビーカーは、倒れにくい・安定している・荷物と赤ちゃんを支えられる頑丈さを兼ね備えている・押しやすい・揺れが少なく赤ちゃんに優しいなど、良いことの方が多いのです!

ベビーカーを持ち運ぶのって、せいぜい1、2分なんですよね。ずっと担いで移動することなんてないし、重さのことを気にするくらいなら、走行性や安定性を重視したほうがずっと良いです。

なぜなら、持ち運ぶよりも、子供を乗せて押している時間の方が圧倒的に長いし、押している間に不便なことの方が、ずっとママのストレスになるからです。

現に私は、ペグペレーゴSiという、重さ7.8kgのベビーカーを愛用しています。毎日家の玄関に段差があるので、担いで持ち上げています。もちろん軽くはないですが、持ち上げるのはせいぜい10秒。そのくらいなら余裕で運べます。

その10秒の苦労よりも、荷物をたくさん乗せられない、乗せたらベビーカーが倒れる、押したときに段差で毎回つっかかる、砂利道・雪道を押すのが大変、の方が、ずーーーっとストレスになります。

確かに、軽さでは国産製に敵わないものがほとんどです。でもその分、海外製ベビーカーはデザイン性や機能性は国産のものより優れているものが多いです。

人によってベビーカー選びのポイントは異なりますが、とにかく軽いベビーカー!とそれだけを基準に選ぶのも考えものですよ。

先輩ママが教える、ベビーカー選びのポイントとは?

いつからベビーカーを使うのか考える

ベビーカーは、その種類によっていつから使用できるかが異なり、B型ベビーカーのように、腰が据わってからしか使用できないベビーカーもあります。

購入するにあたり、生後いつから使用できるベビーカーなのか、必ず確認しましょう。

A型や海外製ベビーカーは、生後すぐから使えるものがほとんどで、B型、バギーやアンブレラタイプの超軽量タイプのベビーカーは、腰が据わる7ヶ月頃から使用できます。

自分の生活環境に合ったベビーカーを選ぶ

ベビーカーは、様々なウェブサイトであれこれオススメされていますが、自分の生活環境に合ったものを選ぶことが絶対1番重要です。

ここは絶対に譲れません!!自分の生活環境をリストアップして、ベビーカーに何が必要かよーく考えてください。

家の周りに階段があり、ベビーカーを持ち運ぶことが多いのか、家の周りの道路は舗装されているかどうか、普段歩いて移動することが多いのか、バスや電車をよく使うのか、基本車で移動することが多いのか。

また、ベビーカーの置き場所はどこにするのか、スペースは十分にあるのか。

家の周りに段差がなく、基本車で移動する人なら、重くて多少かさばっても良いですが、バスや電車を頻繁に使う人なら、できるだけ軽くてコンパクトなものを選んだほうが良いですよね。また、玄関周りのスペースに限りがある家に住んでいるなら、出来るだけ小さく畳めるものが良いですよね。

どんなにオシャレでスタイリッシュでも、自分の周りの環境に合っていないと、買って使い始めてから後悔するので、必ずこのポイントは押さえておきましょう。

かくいう私は、初めて買ったベビーカーで大失敗しました。別記事で紹介しています>>自分の環境に合わせてベビーカーを選ばなかった私の末路

押しやすいベビーカー

ベビーカーを押してみて初めてわかるのですが、でこぼこ道、駅の改札、歩道と車道の間の段差は、意外とハンドルを取られやすい場所で、街中で毎回絶対出くわします。

普通に歩いていると一切気づかないような、ほんの少しの段差も、ベビーカーによっては押しづらかったり、車体がガタガタしたりします。

取り回しが軽く、押しやすいベビーカーは、お母さんの負担やストレスがかかりにくいです。

特にシングルタイヤのベビーカーは、非常に押しやすく、片手でも指だけでも、ちょっと押したらすすーっと進むほどなので、とても押しやすいです。

収納カゴが大きいベビーカー

冒頭でも述べましたが、哺乳瓶、粉ミルク、オムツ、おしりふき、着替え、食事の用意、おやつ、日焼け止め、帽子、タオル、飲み物、おもちゃや絵本などなど・・・

ちょっとのお出かけなのに、あれこれ持っていかないといけないときに、収納スペースが大きいベビーカーだと、とても助かります。

何も気にせずに、パパママの上着や荷物を入れておけるから便利です。

普段あれこれたくさん荷物を持ち歩く人で、自分で持つのは嫌だ!という人は、収納カゴもベビーカー選びのポイントに必ず入れておきましょう。

収納カゴの大きいオススメ海外製ベビーカーはこれだ!

長々と前置きが長くなりましたが、収納カゴの大きいオススメ海外製ベビーカーをご紹介します!2歳の娘がいる、現役ママ目線でおススメをピックアップしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

アッパベビークルズ(Uppababy Cruz)

アッパベビーは、他の記事でも盛大に推薦しています。なぜなら、トロント在住の私が毎日のように見かけ、かつこっちの現役ママさんからも、絶大な人気を得ているからです。

その魅力は挙げだすとキリがないので、もっと詳しく知りたい方は、別記事でぜひ確認してください。

赤ちゃんを乗せるシートの車高が非常に高く、下の収納カゴと大きな高低差があるので、大きいリュックやマザーバッグでも楽々収納できます。収納スペースが大きい上に、物が取り出しやすいデザインなので、使用しているママさんの間でも評判が非常に高いです。

こんなに使いやすくて巨大な収納カゴ、正直他で見たことありません。

アッパベビーについては、別記事で詳しく説明しています>>Uppababy(アッパベビー)の口コミ!セレブを始め欧米で断トツ人気ナンバーワンな理由。
とにかく北米ではめっちゃくちゃ人気です>>海外で大人気Uppababy(アッパベビー)のビスタが持つ12の魅力とは?

特徴:対面・背面切り替え可、アダプター(別売)でカーシート設置可、ワンタッチで折りたたみ可、総重量9.5kg

BRITAX B-Agile 3 Stroller

頑丈さに定評のある、ブリタックス社のベビーカーは、そのしっかりした作りで、子供と荷物を軽々と運べます。

シート部分と収納カゴの間にスペースが十分あるので、大きいものでもガンガン入れられます。最大荷重量は、なんと24kgで5歳まで乗せることができます。

3輪ベビーカーは頑丈な分重いのですが、このブリタックスのベビーカーは、 軽量アルミニウム仕様で7.5kgを実現させています。片手で簡単に畳むことができるので、電車やバスで移動しないといけないママさんにもぴったりですよ。

特徴:3輪、無段階リクライニング、片手で折りたたみ可、総重量7.5kg

ベビージョガーシティミニ(Baby Jogger City Mini)

従来の国産ベビーカーには実現できない、対象年齢5歳まで、22.5kgまで対応できるこのベビーカーは、大きめのタイヤで安定感抜群です。国産のものが2歳までのものが多いので、長く使えるという点ではかなりお得!

収納カゴもたっぷりなので、買い物をしても安心です。

特徴:3輪、5歳まで使える、片手で畳める、無段階リクライニング

バガブーカメレオン

海外製ベビーカーと言えばこれ!と言えるくらい有名なブランド「バガブー」から出ている、定番で1番人気のカメレオン。少々大きいのが気になりますが、安定性、走行性、デザイン性も、収納力も抜群で、トロントでもよく見かけます。

特徴:対面背面可、3段階リクライニング、ハンドブレーキ付、バシネット標準装備、重量9.6kg

ストッケスクート

バガブーに並んで、世界中で有名でセレブにも愛用されているのが、この「ストッケ」。中でもスクートという種類のベビーカーは、収納カゴが大きいのが特徴で、大きい荷物でも余裕で収納できます。

ストッケは座面が高いのか特徴で、ハイチェアとしても使用できますし、座面の高さと下の収納カゴにかなりの高低差があるので、かさばるものでも載せることが可能です。

いつ見てもとにかくスタイリッシュでオシャレなストッケは、世のママさんの憧れ。使っていると、注目を浴びること間違いなしです!

特徴:片手で折りたたみ可、対面背面可、フットレスト位置調節可、総重量11.8kg

まとめ

海外で人気なベビーカーは、どれもフォルムが美しかったり、コロンと可愛かったりして、見た目が非常に魅力的です。さらには頑丈な作りで、車輪にサスペンションが付いているものがほとんどなので、新生児から使っても安心なものが多いです。

どれも本当にカナダで毎日のように見るもので、(Uppababyは本当に毎日見る)すごく人気なものばかりです。出産準備品として、セカンドとして、ベビーカーを選ぶ参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大