泣くほど辛かった産後の母乳トラブルで、桶谷式に出会った話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何の根拠もなかったのに、産後すぐ何をせずともしゃーっと母乳が出てくるのかと安易に思っていた私は、最初母乳も上手く出ず、何度も泣きながら苦労しました。本当に何度も泣きました。

カナダで出産した私は、家族が近くにおらず、まさかこんなに母乳で苦労し傷つき、泣くことになるなんて思ってもいませんでした。

なので、産後に母乳トラブルに見舞われたときは、気づいた時はひどく絶望したものです。

当然、私も旦那も人生で経験したことないだらけの連続で、手探り状態でした。でも不思議と目標は決まっていて、ブレることはありませんでした。

我が子を完全母乳で育てたい!!!

奇跡的なことに、カナダで桶谷式の乳房マッサージができる日本人の方がいらっしゃることを友人に聞いていたのを思い出し、すぐ連絡先を聞き、来てもらうことにしました。

助産師としての経験も豊富で、じっくり丁寧に時間をかけてマッサージとアドバイスをしてくださり、本当にその方の優しさが身にしみて、お願いしてよかったなと思いました。
不覚にも初対面だったのに、涙してしまいました。

そのくらい、辛くて痛くて追い詰められていたんです。どん底にいた私をスタートラインに導き、完全母乳、むしろ生産しすぎになるくらいまで母乳が出るようになったのは、その方のおかげです。

今まさにどん底状態にいらっしゃる方、1人でも多くこの記事を読んで救われた気分になってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

桶谷式母乳マッサージとは?

桶谷式乳房マッサージとは故桶谷そとみ先生が考案された、痛くない、母乳がよく出るようになるマッサージ方法です。

桶谷式は完全母乳を推奨していて、マッサージの他に授乳の仕方や時間の間隔、母乳に良い&良くない食事などのアドバイスも総合的にしてくれます。

桶谷式マッサージは乳房と乳頭をマッサージし、乳腺の通りを開通、良くするマッサージです。

産後まだ乳腺が開通してない方
母乳が溜まって胸が張っている、しこりが出来ている、それにより痛みや熱がある方
母乳の出をよくしたい方
乳頭に傷や母乳の小さい塊がついて、詰まっている方

このような症状があるお母さん、または慢性的に母乳トラブルが起きやすい人に、特にお勧めです。

マッサージだけでなく、完全母乳を目指すための食生活や、授乳のスケジュール、赤ちゃんのおっぱい咥え方なども、相談すれば総合的にアドバイスしてくれます。

痛い?痛くない?私が受けたマッサージの感想

母乳マッサージを受けた先輩のママ友が、敏感になっている乳頭を刺激されて、痛かった!覚悟しておいた方が良いよ!と言って脅してきたので笑

とても怖かったのですが、施術は全く痛くなかったです!

娘に長時間吸わせ続けて、血豆ができ、それが割れて出血した直後で正直痛いだろうなと思っていたのですが、不思議なことに全く痛みはありませんでした。

その先輩ママ友は、桶谷式ではない母乳マッサージを受けたそうですが、それはそれは痛くて泣きそうになったと言っていました。

それでなくとも張って敏感になっている乳房なのに、痛いマッサージを施されるなんて。。気の毒です。お友達に同情しながらも、私は本当に桶谷式マッサージに巡り合えて、良かったと改めて感じました。

細かい施術までは、文面では限界があるのでご説明できませんが、終始蒸しタオルで乳房を温め、全体を揉みしだきながら乳腺の根元を刺激し、その後乳頭をマッサージし乳腺を開通するような感覚でした。

乳腺の根元が乳房の底にあるので、4本指を乳房の下に入れ込むような感じで(圧は感じますが痛くないですよ)はがすように揉むのが主なマッサージです。

あとは、乳腺が集まる乳頭が詰まりやすい箇所なので、温めながら詰まりを取り、母乳が出やすくなるよう促進するマッサージを施してくださいます。

施術を受けていると単純作業のように感じますが、1時間くらいかけてとても丁寧に、何度も繰り返しマッサージしてくれます。終わったあと自分の乳房を見ると、ツルツルほかほかです!(説明しづらいのですが、本当そのとおりなんです!笑)

傷ついた乳頭が丹念に優しくマッサージされ、とてもピカピカに光るごとくキレイになっていて感動したのを、昨日のことのように思い出します。

定期的に通うべき?

母乳が出すぎて乳腺がつまったり、張って痛みが出やすい人、それ以外でも母乳トラブルが起きやすい人、母乳育児のアドバイスを受けたい人は、定期的に通うことをお勧めします。

母乳の出方は人それぞれで、乳頭の形や大きさ、体質や食生活でも変わってくるので、自分のやり方が合っているのか不安な方、プロのアドバイスを受けたい方はぜひ定期的に通ってみてください。

私はといえば、産直後に一度施術してもらった以来、みるみるうちに順調に母乳が出るようになったのと、少しずつ心と体に余裕が出てきていたので、桶谷式マッサージはその一回で十分でした。

代わりに家族や友達のサポートやアドバイスを受けて、自分だけの偏った考え、育児方法にならないようにしていました。幸い周りに最近子どもを産んだ友達が割といたので、とても支えになりました。

母乳の量はマッサージで増えるの?

母乳量自体は、マッサージをするだけでは残念ながら増えません。

マッサージはあくまで、乳腺の通りを良くし、母乳が出やすくなるための補助的なものです。溜まっていたもの、詰まっていたものを施術でキレイにリセットしてもらったら、あとはママと赤ちゃんの頑張り次第です。

最初の1カ月は乳頭が敏感になり、痛むときも多いですが、どんどん赤ちゃんに吸わせましょう。吸わせないと出てきませんし、赤ちゃんも上手になりません。赤ちゃんも最初は吸い方を知りません。

お母さんが授乳に慣れてくるのとともに、赤ちゃんもおっぱいを吸うことに慣れてきます。

痛いし大変だし、やめたくなる気持ちは、身を以てよーーーくわかっていますが、どうかどうか、諦めず頑張って続けてみてください!!

本当に辛いときは粉ミルクをあげてもよいですが、出来るだけ、特に夜はあげない方がいいです。夜〜明け方が最も母乳が作られやすい時間帯なのだそうですよ。

最初は量があまり飲めず、赤ちゃんが夜中に何度も起きますが、それも3週間過ぎると少しずつ落ち着いてきます。

母乳量を増やすために必要なこと

前のトピックで述べたとおり、とにかく

赤ちゃんに吸わせる回数を増やす!!

本当に本当にこれに尽きます。

吸わせっぱなしだと乳頭がふやけ、血豆などになりやすいので、(経験済み涙)片方の胸は最大15分までなどと時間を測りながら行いましょう。

そのうち自分のペースがつかめたら時計は必要なくなるかもしれませんが、慣れるまでは置き時計やケータイをそばに置いて授乳すると良いと思います。

ずっと吸わせると、さすがにお母さんも赤ちゃんも疲れると思うので、少し休んで、また繰り返して。終わりのない、途方のないように感じるかもしれませんが、そこを乗り越えると軌道に乗ってきて、嘘のように母乳が出てきますよ!私はその苦労を乗り越えて、ドバーッと出てくるようになりました!!

生後いつ頃から赤ちゃんを一緒に連れて行けるの?

私の場合は出張してもらって自宅で行ってもらったので、生後3日の時に来ていただき施術を受けました。

もしかしたらご自宅の最寄りの桶谷式クリニックによって、出張サービスを提供しているかもしれないので、電話で尋ねてみるといいですよ。

桶谷式では、赤ちゃんのおっぱいの咥え方も、実際に自分の子どもと一緒に教えてくださるので、可能であれば赤ちゃんと一緒に行くことを絶対お勧めします!

まとめ

ネットで見る限り、桶谷式は厳しい、ストイックだ、お母さんや子どもがかわいそうという意見もあるので、賛否両論あります。

でも私は、一度施術を受けてみる価値は絶対あると思います。合う合わないはあるので、必要なときだけ通ってもいいと思うし、定期的に通って食生活から何からアドバイスを受けてもいいと思います。

もしも定期的に通うことを勧められても、お母さんと赤ちゃんがストレスなく一緒に過ごせるのが1番なので、無理に定期的に必要はないです。

私は堅苦しい、ストイックな方法は苦手なので、桶谷式に従順に従うというよりは、マッサージを受け、気になることだけアドバイスを聞いて、あとは自分流に気楽にやるという、自分にとって良いとこ取りのような方法で乗り越えました。

母乳に関して思い悩むことは人それぞれですが、全ママが一度は通る難関。少しでも参考になったら幸いです。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大