新生児のための出産準備品は?先輩ママが勧める買って良かったアイテム8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての出産となると、人生初のイベントで何を準備すればいいかわからないですよね。私も色々ネットや友達から聞きながらリサーチしながら、必要なものを買いました。

迷って買わなかったものは、結局出産してから必要だと気づき、旦那にお願いして買ってきてもらったこともあります・・・

生まれてから、この商品が欲しい!と思ってもなかなか買いに行く時間もないし、出来るだけ自由に動ける出産前に準備品を揃えたいという人が、ほとんどではないでしょうか。

今回は、私が実際に新生児をケアするときに持ってて良かった、買って正解だったというアイテムをご紹介します。

我が家は代用できるものは極力代わりのもので済ませ、買わずに子育てしたい、というスタンスなので、私とような状況、考え方のプレママさんには、絶対に参考にしてもらいたいです!!

ここではベビーベッドやカーシートなど、必需品はあえて除いてあります。買うか買わないか、迷いそうなアイテムを中心に紹介しますので、購入する際の参考にしてもらえたらと思います。

それでは、早速ご紹介していきましょう!!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

1、授乳クッション

これは冗談抜きであるとすっごく便利です!!!

私は完全母乳で育てていたので、新生児のときは1日10回かそれ以上使っていました。

実は、授乳クッションなんてかさばるだけだし、ソファに置いてるクッションや枕で代用できるから買わなくていいやと思い、出産前に買わなかったんです。

知恵袋やネットでも言われているとおり、実際は枕などで代用できます。

でも自分の胸の高さと、赤ちゃんの吸い口の高さを毎回調整しなければいけません。普通のクッションだと、高さが上手く定められなくて、結局前かがみに授乳したりして肩凝りになりました。

それを1日に10回もしなければいけないストレスに耐えられず、結局旦那にベビザラスで授乳クッションを買ってきてもらいました。購入後、今までストレスだった部分がクリアになり、授乳が驚くほどラクになったので、1番買ってよかったアイテムだと断言できます。

繰り返します。授乳クッションを使うと、授乳中本当にラクです。

自分のお腹にクッションをはめるだけで、完璧な高さで授乳が出来ます。

レビュー500件以上!厚みがあって楽な授乳クッションMOGU


2、乳頭保護クリーム(メデラのピュアレーン)

これも本当に本当に!!!絶対騙されたと思って買ってほしい一品です。
母乳育児を目指していた私は、とにかく頻回授乳、赤ちゃんにたくさん吸わせました。慣れないうちは誤って吸わせすぎて、血豆になることもありました。

そんなとき、このクリームを塗ってラップをしておくと、治りがとても早かったです。ピュアレーンは、赤ちゃんが舐めても安全なので、授乳前に拭き取る必要がなくそのまま授乳ができます。特に新生児におっぱいを咥えさせるころから、母乳育児が軌道に乗るころ辺りまでは必ずお守りのように持っておいて損はありません!

ピュアレーンの熱弁は下記の記事で行っていますので、さらに詳細を知りたかったらどうぞ。

【メデラのピュアレーン】神アイテム!母乳育児なら知らなきゃ損。
このページに来たあなたは、母乳育児に何かしらのトラブルがある、もしくはこれから出産される方だと思います。 母乳育児を目指されている方。 頻回授乳をしてい...

私が使っていた乳頭保護クリーム:


3、ガーゼケット

有名なものだと、エイデンアンドアネイがありますが、それでなくとも、コットン素材で120x120cm程度のサイズのガーゼケットがお勧めです。多用途で大活躍できるガーゼケットは、

ブランケット
おくるみ
ベッドシーツ
授乳ケープ代わり
タオル代わり
ベビーカーに付けて日除け

など、色々なシーンで使えるので一年中便利です!

私の娘が新生児のとき、冬だったので寝かせるときはおくるみとしてガーゼケットを使って、その上に毛布を掛けていました。外出先でミルクを戻してしまったときに、タオルがないときもささっとガーゼケットで拭けるので便利でした。

ガーゼケットをおくるみとして代用するときに読んで欲しい記事:

おくるみをブランケットで代用したい。多目的に使える素材とサイズはこれだ!
おくるみってすぐ使わなくなるって聞いたけど本当? おくるみを他の物で代用できないの? 「おくるみだけ」の目的でおくるみを買うと、すぐ使わなくなる、もしくは使...

4、ババスリング

バックルが付いているスリングで、長さがとても調節しやすく、体制によっては新生児から使えます。娘はスリングで抱かれるのがとても好きで、横抱きにしてやると気持ち良さそうによく寝ていました。

抱っこ紐だと手足が飛び出している抱き方になりますが、スリングは赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいたときの体制に似ているので、
安心して寝てくれます。使い方に慣れるまでに時間がかかるのが少し難点ですが、慣れたらとても使いやすいし、赤ちゃんも居心地良さそうに寝てくれますよ!

ババスリングを新生児から使いたい。1年半使い込んだ先輩ママが伝授する、使い方のコツ!
常に抱っこしてなきゃいけない新生児〜4ヶ月くらいまでは、本当にあって良かったと思いました。魔法にでもかかんたんじゃないかってくらい、ババスリングで抱いた途端、すーっと寝てくれたので、ババスリング様様です。
1歳半のママ抱っこ!にババスリング愛用中。セカンド抱っこ紐として勧める理由。
子どもが歩けるようになり、体重が10kgを過ぎると、抱っこをしている時間が極端に減ってくるものの、「ママ、抱っこ〜」と突然やってくる。 我が子よ、重いんだ...

私が使っていたババスリング:


5、搾乳機

母乳育児にこだわっていた私は、これに何度も助けられました。娘を産んですぐ、乳頭に血豆ができ痛みがあったので、直接母乳をあげるのと搾乳機で搾って哺乳瓶であげるのと、交互で行なっていました。

そうすることで、少しでも乳頭の負担を軽くし、治りを早めるためです。手で搾れるから必要ない、という方もいますが、手より搾乳機の方が早いです。

驚異の商品レビュー1300件以上!産院でも使われているメデラの電動搾乳器

6、授乳ケープ



新生児期はあまり外出しないかもしれませんが、母乳育児をするのであれば必ず買うべきは授乳ケープです!

私はカナダで育児しているのですが、カナダでは授乳室がほとんどありません。なので、お母さんは公共の場でケープを使って授乳することが多いです。赤ちゃんが産まれたら、お友達や家族が会いにきてくれることもあるかと思います。
そんなときにもケープがあると便利ですよ。

多数の雑誌に掲載された、芸能人やモデルママの間でも大人気の授乳ケープ

7、ワセリン

ワセリンは不必要な成分が入っておらず、肌の表面を保護してくれるだけのシンプルなものです。肌の表面を守ってくれることで、肌本来の機能で肌をトラブルを改善してくれる力を引き出してくれます。
もちろん新生児から使え、オムツかぶれの予防としても使えるので、私は娘が産まれた翌日から使ってます。お風呂上がりに身体全体に塗ってやって、オムツの交換の度にお尻につけてあげます。おかげで肌ツルツルです!

8、ベビーバス

衣装ケースなどで代用できるし、ベビーバスはかさばるという意見もありますが、私は買って良かったと思います。新生児が気持ちよく沐浴できるようにバスタブの形が作られているので
娘はこれでお風呂に入って泣いたことないです。

ちなみに一歳過ぎた今でも使っています。いつもリビングに置いているのですが、娘が入っておもちゃにして遊んでいるので笑 長い間使うこともできますよ。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大