Uppababy(アッパベビー)の口コミ!セレブを始め欧米で断トツ人気ナンバーワンな理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、カナダに住んで5年半のももです。

ママになるために出産準備をするときや、出産後そろそろ赤ちゃんとお出かけをしようとするときの必需品として挙げられるベビーカー。

長い期間、毎日のように使うし、大事な赤ちゃんを乗せるものなので、安全で使いやすく、機能性の高いものが欲しいですよね。

でもどうせ買うなら他の人があまり持っていない、オシャレでスタイリッシュで丈夫な海外製のものが欲しい!と思っているあなたに、トロント在住の私がカナダ人ママがこよなく愛する、街中でよく見かけるベビーカーを厳選してご紹介します。

今回この記事を作るにあたり色々調べて気づいたことは、街中でよく見かけるベビーカーなだけあって、ただ見た目がオシャレなだけでなく、赤ちゃんや操作するお母さんが快適に使えるように施されています。そして当然、各ウェブサイトで書かれている評価も良いです。

海外製のベビーカーを買いたい、興味があるけど何が良いかわからないし、使っている人がどう思っているか知りたい、というあなたのために必要な情報だけまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

値段やバージョンが変われば都度情報をアップデートしていきますが、この記事は2018年7月現在の情報です。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

Uppababy(アッパベイビー)のVista(ビスタ)

2017VISTA_overview_3L.jpg

カナダ在住のママならみんな知っている、毎日見かけるオシャレでスタイリッシュなベビーカー。特に都市部のコンドミニアムに住むカナダ人カップルやアジア人に人気で、本当に毎日見かけます。色使いもデザインも、とてもスタイリッシュで可愛く、トロント在住の日本人にも人気でママ友で使っている人を多く見かけます。

迷うならUppababy、先輩ママがこぞって勧めるのも、Uppababyです。

セレブにも大人気で、サラジェシカパーカーやドリューバリモア、カルダシアンファミリーなどの有名人も愛用しています。

Unknown.jpeg
xDrew-Barrymore-Vista.jpg.pagespeed.ic.saq-uRtBoX.jpg
8b3a1be3593771e5e7ac6d11f8141860.jpg

・価格 $1249.99-1279.99USD(およそ138,000〜142,000円)

・対象年齢 新生児から22kg程度まで(新生児時は付属品のバシネット使用)

・サイズ 幅67.3 x 奥行き94.0 x 高さ100.3cm
シート付けて折りたたみ時 幅67.3 x 奥行き35.5 x 高さ83.8cm
シート外した折りたたみ時 幅67.3 x 奥行き34.2 x 高さ83.8cm

・重量 フレーム9.4kg、シート3.3kg、バシネット4.0kg
・カラー展開  8色

・特徴

折りたたみ時に自立機能

ワンタッチでシート部取り外し可

バシネット(新生児用シート)付属

2人乗りベビーカーとしてシート2つ搭載可

巨大収納カゴ

対面背面切替可

トラベルシステム対応

3年メーカー保証

別売ステップボードを付ければ3人乗り可能

Unknown.jpeg
子どもが3人いても余裕!ステップボードをつけたまま畳めます。

新生児から使えるバシネットが標準装備されているので、買い足す必要がありません。

ベルトで赤ちゃんを固定することなく、フルフラットなので赤ちゃんはベッドで寝るのと同じ環境で、いつも快適です。180度しっかりとキャノピーでシートを隠せるので、日差しが強い日や夕日の横から差す日光もしっかりとカバーし、赤ちゃんが安眠できます。

2017VISTA_overview_2.jpg
紫外線もしっかりブロックしてくれる幌

シートの種類や付け方次第で、8通りものポジションがアレンジできます。お子さまの年齢やシーンに合わせて使い分けると良いですね。

free_uppa_vista_1_12.jpg
対面背面、子ども同士向かい合わせ、双子ちゃん、新生児とお兄ちゃんお姉ちゃんなど幅広く対応可

収納カゴがとにかく大きいです。日本とカナダで色んなベビーカーを見てきましたが、ここまで大容量のカゴは見たことないです。大きいトートバッグやリュックも余裕で入ります!

2017VISTA_overview_5.jpg

ワンステップで簡単に畳めてちゃんと自立するので、保育園や玄関に置いておくときも安心です。

2017VISTA_overview_6.jpg

トラベルシステムにも対応していて、別売りのアダプタを付ければUppababyのMESAはもちろん、ChiccoとMaxi-Cosi(マキシコシ)のカーシートも付けられます。カーシートを買い足して下の写真のように設置することが可能です。2人目が産まれたら通常のシートとカーシートを2つ付けるのも便利ですね。

2017VISTA_multi_4c.jpg

口コミ

組み立てが簡単で折りたたみも楽々できる。他のベビーカーにはない大容量の収納カゴが大のお気に入り。

2人3人と子どもができたときにもフレキスブルに対応できるので買い換えなくていいから便利!幅が広く場所を取り、重いのが少し難点だけど、それ以上に多用途で長く使える。

この手のベビーカーはシートを外してからしか畳めず面倒な場合が多いが、Vistaはシートを付けたまま畳めて時間短縮になり便利。
押し始めから取り回しがとてもスムーズで、泥道雪道でも楽々進むことができる。新生児からずっと使えて必要なものが全部付属で付いてくるので、追加で購入する必要がない。

同メーカーからCruz(クルズ)も販売されており、そちらは2人乗りベビーカーにできないものの小ぶりなので日本の環境には適しているかもしれません。

小ぶりですが、収納カゴはVistaと同じサイズでガンガン荷物を入れられますよ。

uppababy-cruz-maeve.jpg
Cruzはこんな感じ

日本ではあまり知られていないUppababy(アッパベビー)ですが、世界的に有名なバガブーのカメレオンとよく比較され、北米ではアッパベビーの方が人気なことが多いです。見かけるのもVistaが断然多いです。カメレオンは畳んで自立しないのに対し、Vistaはしっかり自立することもメリットです。

欧米で大人気の割には日本ではほぼ知られていないUppababy(アッパベビー)なので、日本で使うと優越感に浸れること間違いなしです!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大