2018年エルゴベビーが「180リバーシブルストローラー」を新発売!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エルゴベビーが「180リバーシブルストローラー」というベビーカーを、プレオーダー販売開始しました!(2018年1月9日現在、エルゴベビーUSウェブサイトにて)

そしてその後、アメリカでは一般販売されており、北米でトイザらスに並んで有名な「buybuy BABY」というオンラインショッピングサイトのレビューも人気上々です!

(2018年5月現在141レビュー、5つ星中4.7!!

エルゴと言えば、抱っこ紐。知らない人はいない、道を歩けば見かけない日はないほどで、私も、私のママ友も全員持っています。

エルゴの抱っこ紐は、めちゃくちゃ有名で評判も良いだけに、新商品が出たとなると、どんなものか気になります。

今回の記事では、エルゴ180リバーシブルストローラーの、サイズや色や重さなどのスペック、売りにしているポイントを、2歳の娘を育てる現役ママ目線でその見所を探ってみました!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

スペック

黒を基調にしたBLACK、TEAL(青緑)、MISTY(パステルブルー)、GRAPHITE(グレー)4色の取り揃えで、キャノピーの色がそれぞれ異なりますが、ボディ・ハンドル・シートは黒で統一されています。

2018年5月現在、スペックが公開されていました!!!

英文は抜粋しています。

Product Specifications(製品スペック)

  • Stroller Weight: 20 lbs. ・・・ベビーカー重量:9kg
  • Folded dimensions: L 30” x W 23.5” x H 14” ・・・折りたたみ時のサイズ:L 76cm x W 60cm x H 35.5cm
  • Unfolded dimensions: L 35.5” x W 23.5” x H 40” ・・・使用時のサイズ L 90.1cm x W 60cm x H 101.5cm
  • Maximum Head Room (Seat Back Height): 24”・・・シート高さ 61cm
  • Seat Depth: 11” ・・・シート奥行き 28cm
  • Handlebar Height: 39” – 42” ・・・ハンドル高さ 99 – 106.7cmに調節可

絶対オススメのシングルタイヤ搭載、インファントカーシート搭載可能、新生児から22kgまで使用できます。

なぜシングルタイヤがオススメかは、この記事で詳しくご紹介しています>>ダブルタイヤのベビーカーを買った友人が、シングルタイヤに買い換えたい理由。

ハンドル部分が、ワンタッチで前後に切り替えができるので、対面・背面で使用できます。

重さは約9kgで、日本の軽量ベビーカーに比べると重い方ですが、海外製の平均に比べるとかなり軽い方です。ワンタッチで畳むことができますが、自立できるかはウェブサイトからは確認できません。

値段は、$399.99USD、日本円にしておよそ45000円。思ったよりリーズナブル!

エルゴベビー社が押しているオススメポイント

リバーシブルハンドルバー

赤ちゃんと向かい合ってお話ししたいとき、外の景色を見せてあげたいときなど、シーンによってベビーカーの向きを変えてあげられたら、ママも便利だし赤ちゃんもご機嫌です。

また、日差しの向きや風向きによってシートの方向を変えてあげられると、赤ちゃんを日焼けやホコリから防げます。

機能性と軽量化の実現

安定性があって、荷物をたくさん積めて、カーシートも搭載できて、あれもこれも・・・とたくさんの機能を搭載しようとすると、どうしてもベビーカーが重くなってしまうのですが、このベビーカーは軽量化にも実現。

私からすると、9kgもあったら大して軽量じゃないし、重いし持ち運ぶのは大変でしょ・・・と思います。でも、海外では12〜15kgのベビーカーが一般的なので、海外の平均を考えるとめちゃくちゃ軽いです。

片手でたためる

Youtubeの動画を見れば、一発でその簡単さがわかります。え、そんなに上手いこといくの?笑 というくらい簡単そうです。

大容量のカゴ

リュックでもオムツでも、とにかくガンガン入れられそうな広口の大容量カゴは9kgまで荷物を載せられます。

カゴ、少し浅めかな?と写真で見る限りでは感じますが、たくさん入ることは間違いないので、荷物持ちなママさんには大助かりの機能です。

荷物持ちママさんにオススメの海外製ベビーカー>>収納カゴが大きい海外製人気ベビーカー5選!荷物が多くても安心!

通気性の良いメッシュ素材

キャノピーをめくることができ、めくると通気性抜群のメッシュ素材になっています。湿度の高い日本の夏には、この機能が大活躍すること間違いなしです。

エルゴお得意のクッションシート

特にまだ腰の座っていない赤ちゃんにはありがたい、クッション性たっぷりのシートは、見ているだけで居心地良さそうです。

しっかり日差しを防げるキャノピー

これは、他社のと比較しても抜群だと思います。子供が90度に座ると、目の前まで幌がしっかりかぶるので、外を見たがる子供には文句を言われますが、日焼けが心配なママさんには非常に安心なポイントです。

ここまでしっかり深いキャノピーは、今までなかったのではないでしょうか・・・?

日本での発売は?

日本でいつか発売するのか?!気になるところですよね。エルゴベビーUSのウェブサイトを調べたところ、アメリカ以外で発売するという情報は、今のところなかったので、発売は未定のようです。

アメリカでもプレオーダーの状況なので、きっと売れ行きを見て今後の動向を決めていくのでしょう。また新しい情報が入ったら、随時更新していくことにします。

2018年5月現在、アメリカでは一般販売しています。

私はお隣の国、カナダに住んでいますが、カナダではまだオンラインでは発売していません。

最後に

今回の記事では、エルゴがベビーカーを発売したことに衝撃を受け、色々調べたことをご紹介しました。

情報の少なさから、まだまだ未知な部分の多い、「エルゴ180リバーシブルストローラー」。今後の動きが気になりますね!

いつか日本でも販売される日が来るのでしょうか。。。?!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大