【妊娠後期】便秘に効果てきめんだった最強アイテム5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで便秘とは全くの無縁だったのに、妊娠後期に入ってから感じなくなってしまった便意。
頑張って出そうにもなかなか出てこないし、出た後もスッキリしません。

とはいえ、薬を飲みたい気持ちはあるけれど、妊娠中に赤ちゃんに負担になりそうなものは、極力摂取したくないですよね。

食生活や生活習慣は妊娠前と何ら変わりないのに、なぜ!?どうしたら良いの?!と悩んでいました。

悩み色々リサーチし、試行錯誤した結果、私の身体に合ったものがいくつか見つかり、これらを毎日摂っていると便秘が緩和されました。

というか、面白いほどスポーンと出るようになりました。

今回の記事では、私のように妊娠後期で便秘に悩んでいるプレママさんのために、「妊娠後期の便秘に、実際に試して効果てきめんだった最強の食べ物5つ」をご紹介します!

まだ試したことないものがあったら、今日からぜひ、試してみてくださいね。

ちなみに、どんなに効果のあるスーパーフードでも、1回食べただけじゃ効果を発揮しません。最低でも1週間~10日程度は続けてみて、体調がどのように変化するか確認してもらえたらと思います。

では早速、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大

ミロ+牛乳

食べづわりの時にもお世話になったミロですが、妊娠後期~出産後しばらくも飲んでいました。朝一にホットミルクと混ぜて飲むと、お通じが良くなった感覚があります。

ミロに含まれている麦芽糖は、赤ちゃんの便秘薬としても使われており、腸を活性化する効果があります。

朝一の白湯が良いと言いますよね。朝の起き抜けに、温かい飲み物をしっかり飲んで、腸を動かすのは便秘対策にはもってこいです。

さらには牛乳と一緒に飲むと、カルシウムと鉄分も摂取できるため、妊娠後期に陥りやすい貧血やカルシウム不足にも効果的です。

妊娠~母乳育児では多くの栄養が赤ちゃんへと行ってしまうので、お母さんへの栄養が不足しがちです。特に、出産では出血を伴います。貧血対策にミロを飲んでおくのもオススメですよ。

チアシード+ヨーグルト+フルーツ+はちみつ

チアシードについて、出産対策で食べ始めた話は別記事でご紹介しました。

チアシードは食物繊維が豊富なスーパーフードで、セレブがこぞってダイエットやヘルシーフードとして食べています。

ヨーグルトは、乳酸菌・ビフィズス菌などの腸に良い善玉菌が多く含まれており、腸を守ってくれる効果があります。

フルーツは種類にもよりますが、整腸作用が高いのは「りんご」「桃」「オレンジ」「バナナ」です。これらには、他の果物に比べて食物繊維が多く含まれています。

はちみつに含まれているオリゴ糖は、ヨーグルトの善玉菌の大好物で、善玉菌を活発にさせる効果があり相性抜群です!

これらを1つのボウルに入れて、毎朝食べていました。

これだけだと腹持ちが良くないので、しっかり食べたい時はシリアルやグラノーラも混ぜて食べていました。

このおかげで、質の良いウンチがすぽーん!と出ていました。(汚い話ですみません)

普通のはちみつの代わりに「マヌカハニー」を使えば、身体の免疫力アップで風邪が引きにくくなります!
妊娠中〜授乳中はお薬が飲めないので、こういうところから栄養を摂って元気な身体を作りたいですね。

さつまいも

言わずもがな、食物繊維たっぷりのさつまいも!

ふかして食べると便秘対策にもなるし、お腹に溜まるので妊娠中の体重増加を抑えるのにも最適です。

ほうれん草とブロッコリー

ほうれん草にはマグネシウムが豊富で、便を柔らかくし、出しやすくする効果があります。

また、ブロッコリーも食物繊維が豊富に含まれており、野菜の中でもトップクラスです!

ほうれん草とブロッコリーには鉄分も豊富に含まれており、造血効果もあります。産前産後の時期にしっかり食べて、しっかりと貧血対策をしましょう。

我が家では、茹でたほうれん草とブロッコリーを常に常備菜としてストックしてあります。

ほうれん草は、ごまとだし醤油かめんつゆでおひたしにしたり、スープや麺類に入れたりしています。ブロッコリーは、3歳の娘が食べる数少ない野菜なので、マヨネーズを添えて常に食卓に並べています。

夕飯のプラス1品になる上に、便秘対策・貧血対策・娘の野菜嫌い対策にもなっているので、大活躍です。

出産後2週間は、ほぼ毎食ほうれん草を食べていました。そのおかげか、1日2回は便意を催していました。

水分補給、出来れば温かいお茶

水分は摂れば摂るほど良いです。水分を摂らないと、コロコロと硬くなった便が出てしまいます。

そうすると、便が出にくくなり便秘につながります。

最低毎日2リットルは飲みましょう。

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまいます。また、ジュースだと体重が増えやすくなる可能性もあります。

常温から温かい水かお茶を飲むようにしましょう。

全てを毎日摂るとスーパー快便!!

どれも1日で劇的な改善ができるわけではないですが、少なくとも3日ほど続けていると徐々に体質が変わってきます。

朝一にミロと牛乳
チアシード・ヨーグルト・果物・はちみつ
間食にさつまいも
ほうれん草とブロッコリーを常備菜にしてほぼ毎食食べる
水を大量に飲む

これらを続けていたら、絶対!!!お腹の調子が良くなりますよ!

ぜひ1度、1週間試してみてください!

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル大